2013年04月09日

プラトーン・オブ・ザ・デッド



監督 : ジョン・バウカー
出演 : ジョン・バウカー、アリアナ・アルブライト 他

PLATOON OF THE DEAD / 2009 America

あの名作 "プラトーン" の名を冠するゾンビ作品。
これは下手な真似は出来ませっ… ん?

物々しいタイトル、物々しいオープニングクレジット、
そして舞台は戦場………!!!
これは期待せずにはいられませんな!


ん………

なんだこの安い映像、大根役者。
安い!安いぞ!!衣装も小道具も安いぞ!


……… オッケーだ。

と、いうわけで
別方向に期待して視聴することにいたしました。
積極的に楽しんでいくことがコツですね。(なんの)

まず、舞台は戦場ではありません。林です。
森ですらありませんね、えぇ、林です。
武器は鉄砲ではありませんね。
まさかの光線銃(プラスチック)です。
小ささもさることながら、軽そう。めっちゃ軽そう。

下手すりゃiPhoneのが重い。

まぁ、そんな些細な違和感は置いておきましょう…

展開はなかなか面白く

生き残った軍人(3人)→一軒家→女性三人

プチ合コンの始まりです。
あとはまぁ、室内で雑な緊張感を煽ってみたり
無意味な展開と諍い、アクションと会話劇。

雑です。すべてが雑です。
そしてひたすらに退屈です。うーん…

軍曹が一人で大奮闘、大活躍なわけですが、
何故か"嫌なやつ"として扱いが酷いです。気の毒。
ここの腑に落ちなさが最大の見所でしょうね。

他に見るところがないんですもの。

理解できるのは「軍人っぽいアクション」をしたい、
撮りたいという点。
しかしそれなら何故おもちゃ丸出しの銃を使うのか。

海よりも深い事情が無ければ納得がいきませんな。

ストーリーはほとんど家の中だけで展開し、
それはそれは退屈ではありますが、
後半に新展開… 新解釈というか御都合主義にて
とんでもクライマックスを迎え… るのかと思ったら
ここでまた間延びするという。

テンポってなにかね?…

出てくるメインのゾンビ達がちょっと特殊でして、
ガスマスク着用なんですね。軍人ゾンビ(雰囲気ゼロ)
そんな事もあって"ゾンビ成分"は圧倒的に足りません。
もうね、そこですよ。そこに尽きますね。

一言で言えば「どないしたいねん」です。
ベクトルがゾンビに向いていないので残念な感じ。
まぁ、、、なんかもったいない作品です。

☆見所としましては

軍曹が売ないコメディアンっぽくて良い。
彼の報われない演技を楽しみましょう。

☆総評としましては

★+0.2 / ゾンビ関係なしのC級として

雑い、安い、へちょいの三拍子。

それはそれで楽しいはずなんですが、
下手に緊張感を演出したがっているせいで
ただ疲れるだけの駄目仕上がりとなってしまいました。

これが小説だったら意外と面白いと思います。

いや、まぁ、読みませんが。

ブログランキング参戦中 ☆ Let's! ポチッとな ☆
 
posted by DM at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / C級

2013年03月17日

愛・ゾンビ博2013 -元町ゾンビウォーク- 開催!

さぁ、花粉も行き交う3月24日、31日に
神戸は元町にてゾンビイベントを開催いたします。

愛・ゾンビ博2013 公式サイト

イベント内容は多彩。
今まで遊ばせてもらった様々なイベントの
ぶっちゃけパクり個人的集大成となっております。

・元町ゾンビウォーク
・ゾンビ de ゾンビ映画鑑賞
・ゾンビ写真撮影会
・ゾンビ化似顔絵描き
・ゾンビマルシェ(ゾンビ市)
・愛・ゾンビ博
・真・ゾンビ晩餐会

と、非常に盛り沢山で愉快な内容です。

元町ゾンビウォークは真昼間の人混みの中を闊歩します。
ゾンビ映画鑑賞は決して面白い作品ではありません。
ゾンビ写真撮影会では良い顔をしましょう。
ゾンビ化似顔絵描きはとても愉快な経験になります。
ゾンビマルシェでは見たこともないようなお菓子を。
愛・ゾンビ博では最高の展示物と素敵な物販をご用意。

そして真・ゾンビ晩餐会
「おまえらどこのもんじゃぁ!?ゾンビのもんじゃぁ!!」
では、ついに、ゾンビメイクのままで肉を喰らいましょう。
(参加費 : 男性2500円、女性2000円 コース+1ドリンク)

最初はゾンビウォークをメインに考えていました。
しかし!展示・物販に豪華作家人を迎え、
これはなんと愉快な展開なのだろうと感激しております。
明るい死臭の漂うゾンビマルシェ、ご期待下さい。

当日までに全ての準備を終え、
細かな計画とトラブル防止に全力を、いや、ぞん力を注ぎます。
如何ですか。遊びませんか。みなさん。

お待ちしております。

※今回のイベントに乗じてうちの秘蔵っ子がデビュー!
今後はうちのメインキャラクターとなりますよ。
実は裏の裏メインはコレなんですよ。はっはっは。
タグ:告知 みに子
posted by DM at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2013年03月01日

東京ゾンビ紀行 三日目

tzt3_zex00a.jpg

さて、ゾンビ紀行も最終三日目となりました。
高円寺、たまごの工房さんにて「ゾンビ展」に参ります。

写真は主催者、流音さんの立体作品。
ゾンビ猫くんは可動式で小首を傾げて頂きました。
周囲を飾るリボンやレース布の配置と型が綺麗。

tzt3_zex01a.jpg

個人的に一番の存在感を感じたdevriさんの絵。
先頭ゾンビの迫力と朧げながら生命力(?)を感じさせる
後続ゾンビ達のバランスが素晴らしい!見事な一作。

tzt3_zex02a.jpg

我らがエリックは安定感のある仕上がり。
色がとても良かった。

tzt3_zex03a.jpg

遊び心を感じさせる所が彼女の良い個性ですね。

tzt3_zex04a.jpg

恐らく人気No.1のGENkさん作品(一作目)
相変わらずセンスの塊の様な素晴らしいデザインです。

tzt3_zex05a.jpg

こちらが二作目。

この日はGENkさん、13-kさんと待ち合わせて集合。
その時に新作として持ってきてらっしゃいました。
展示に際して、細部への拘りが素晴らしく、
GENkさんの絵の魅力はそのサービス精神にあるな、と。

後から来られる方に申し訳ないとは思いましたが
即時購入させて頂きました。ありがとうございます。

tzt3_zex06a.jpg

記帳されたコメントにこんなのがありました。
出展者のエザキさんの様です。
確かに、
GENkさんの人気は抜きん出た感がありますね。

tzt3_zex07a.jpg

そんなエザキさんの作品がこちら。

なんと素晴らしい。
写真では色味が変わってしまいましたが、
暗く、淡く、幻想的で最高の味わい。

逢魔が刻の一歩先、現世と異形の交わりの様な
この作品はとても素敵な感動がありました。

tzt3_zex08a.jpg

こちらはキョウグさんの作品集。
いつの間にやら浸食して来るような世界観は抜群。
これを見て彼は個展向けの人だと確信しましたね。

tzt3_zex09a.jpg

ところで、キョウグさんとデブリックの年賀状。
新年から愉快な気分になれました。
この場を借りてお礼申し上げます。

tzt3_zex10a.jpg

ポストカードもたくさん購入しました。

tzt3_zex11a.jpg

GENkさんの一作目をアレンジしたポストカード。
と…
なんと手書きの作品を戴きました!!

そりゃぁ人気もあるわけですよ、兄さん。
想像を超えるありがたいサービス精神!

ありがとうございます。大切に飾ります。

tzt3_zex12a.jpg

ガチャと物販。
ミカヅチさんのゾンビーバンビーが当たりました。
牙はマッドさん作。大きなバッジはタカミさん。

おっと右下に…?

tzt3_zex13a.jpg

他所で購入した「コップのフチ子さん」ですね。
お茶を出して頂いたので早速の試し乗せです。

いやぁ、このシリーズ、素晴らしい。
良いですね、奇譚クラブさん。

tzt3_zex14a.jpg

さて、そろそろゾンビ展を後にいたします。
気になった方の名刺をホイホイと戴いて帰りますね。
(他にもきになる作家さんはいましたが
名刺はもう無くなってしまった様です)

tzt3_zex15a.jpg

ここでGENkさん、13-kさんとラーメン横丁へ。
鳥ベースのラーメン、なかなか美味しかったです。

tzt3_zex16a.jpg

GENkさんと一緒に食べると美味しく感じるのかも。
良いお顔ですねぇ。またなにか食べに参りましょう。
13-kさん、やっぱり呼びにくいんでサヴェさんで。

tzt3_nbw01a.jpg

さて、お二人とお別れして次は中野ブロードウェイへ。
目的はタコシェさん。
僕は一人の買い物ではほとんど寄り道をしません。
お店はここにしか入っていませんねぇ。
トイレには行きましたよ。

ユリイカ、ゾンビ特集号と本を数冊。
何故かひよどり祥子さんの「死人の声をきくがよい」も
購入してしまいました。(三冊目)

tzt3_trock01a.jpg

東京ゾンビ紀行、最後の目的地は秋葉原。
とまん★ROCKさんのTシャツとグッズを目指しました。
グッズはほとんど売り切れで、
人気の高さを再確認ですね。

かろうじてTシャツ(Mサイズ)とキーホルダーをゲット。
Tシャツ購入者特典にポストカードを戴きました。

このミドリさん、凄く良いですね!


さてさて、目的のほとんどを堪能して
今回の東京旅は終了です。
お会い出来た皆様、まことにありがとうございました。

また行きます。でわでわ。
posted by DM at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビイベント

2013年02月17日

東京ゾンビ紀行 二日目

さて、ゾンビ紀行二日目… ですが
この日は東京に降雪の予報があり、
漫画喫茶から外に出ていません。

はっはっは。
東京まで行ってなにやってんだ。

いいんです。
遊びには緩急が大事ですからね。休息ですよ。

しかし記事は書きます。えぇ。

僕はそもそも漫画本が非常に好きでして、
中でも4コマや日常系、ギャグ、ゾンビものが多いです。

今回の東京で読んでいたのは主に以下の四作品。

「鬼灯の冷徹」

地獄の沙汰もシステム化の時代。
主人公の官吏"鬼灯様"のお仕事ぶりとSっ気を堪能。
「聖おにいさん」の対抗馬的な位置、と言いますか、
とにかく非常に麗しく面白いです。

「キルミーベイベー」

4コマです。
特殊な設定での日常系(?)漫才が秀逸。
ホラーな要素が見事にギャグに混ざっていたりします。
表紙裏で「ゾンビーベイベー」なんてのもありました。

「ハチワンダイバー」

将棋漫画なんですが、超バトル系。
鼻血の出そうな興奮を味わえる傑作ですね。
「エアマスター」の作者さんです。
こちらはマキシマム ザ ホルモンのエンディング曲で
アニメが放映されていました。最高。

「ヤンデレ彼女」

有名な「病みデレ」ではなく、
「ヤンキーデレ」という一捻りなラブコメ作品。
病みデレよりもホラー要素は皆無に近いですが、
一応、幽霊さんが出てきますね。
キャラの魅力と役割分担の上手さが見事です。

他にもちらほらと読みましたが、まぁこの辺で。
今後ゾンビ要素のある非ホラー作品を
「はみだしゾンビーズ」という事でご紹介したいです。

詳しいレビューはまたいずれ。
posted by DM at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビイベント

2013年02月12日

東京ゾンビ紀行 一日目

どうも。
東京をふらふら歩く田舎者として
一部に定評のある"ぞんびっぽい"なゾンビッシュです。

この度は、1月27〜29日の日程で
東京のゾンビっぽいアレコレに遊びに行ってきました。

まずは初日、27日のレポーティーをば。

tzt1_01a.jpg

東京に着いたその足で「新宿秘宝館」に
行って参りました。(ギャラリー新宿座さん)
前日まで出張ゾンビバーが催されていたとの事です。

tzt1_02a.jpg

入場からのファースト・インパクトは
非常にゾンビ分に溢れていまして、
「おー!」と思いましたが
写真が少しわかりにくいですね。すみません。

tzt1_03a.jpg

足元に佇んでいた生首さんがこちらです。
わー!

tzt1_04a.jpg

展示物の全体的な雰囲気としましては
「近未来(または異星)の性的倒錯感」に包まれる様な、
不思議に愉快な空間でした。

tzt1_05a.jpg

一番のお気に入りはこちらのカプセル娘さん。
なにか、こう、ワクワクしますよね!
このすぐ後ろにモニターがありまして、
謎のストーリーが喘ぎ声に乗せられて流れていました。

お客さんは多く、大盛況でしたね。
カップルや女性も多数。
その客層を眺めてみるのも楽しかったです。
なにを見てるんだ、リア充カップルどもめ!
とは、別に思っていませんよ、えぇ。

tzt1_06a.jpg

存在感の大きさではやはりこの人(?)
デッカいです。色々デッカいです。

tzt1_07a.jpg

背丈は250cm位はあったでしょうか。
近づくと捻り潰されそうな迫力がありました。

上半身は女性体、下半身は男性体という…
なんともスゲー!な造形です。素晴らしい。

tzt1_08a.jpg

撮影NGなロフト上で興味深い記事を読み、
満足満足で新宿秘宝館をあとにします。

世界観に浸って出てくると
入口脇のサボテン(?)君もなんだかアレに見えました。
あと受付のお姉さん、物腰が素敵。
いい展示会でした。

……………………………………………………

その後は漫画喫茶にてしばしの休憩。
お昼はマクドを買って食べました。
60秒チャレンジとかね、余裕で無理ですよね。

……………………………………………………


そして以前から伺いたかったビリケンギャラリーへ。
毎度興味をソソられる展示をされています。

この日は
駕籠真太郎式美少女絵 〜カゴシンと48人の少女たち〜」
が催されていました。
時々twitter上でお見かけしていましたので
渡りに船!と、いうことで。

最終日(後に延長されました)で混雑しているかな、と
思ったんですが、予想以上に来客は多く、
入ってみると駕籠さん御本人がいらっしゃいました。

なんと運の良いこと。
渡りの船上に鴨葱状態とはこの事ですね。

tzt1_09a.jpg

そして似顔絵を描いて頂きました。
リクエストはもちろん「ゾンビ」です、えぇ。

展示の絵は実に楽しく、
漫画の生原稿や著書、ポストカードなど
非常に見応えのある展示会でした。



似顔絵までの待ち時間でじっくりと吟味し、
コミックを2冊とポストカードを購入。

※もう一冊は「すべての時代を通じての殺人術」

この方の漫画、とても面白いですね。
もっと下調べしてから行けば良かったかもです。

……………………………………………………

ビリケンギャラリーさんは
常設の物販も興味深く、また行きたいですね。
特にネズミの絵本は買っておくべきでした。

(おそらく)店主のおじさまがとても素敵。
道を教えて頂き、ありがとうございました。

……………………………………………………


そして六本木の「Night Gallery Cafe CROW」へ。
なかなか行けなかったゾンビバーへの初参戦です!

tzt1_10a.jpg

店に入るとゾンビーナ1号のお出迎えです。
貫禄!そしてなんか妙に色気がありますよね。

素敵やん?

アレとかソレとか、まことにおめでとうございます。
3月はどうなるかなー、と思いますが
またお会いしましょう。お祝い持って行きます。

tzt1_11a.jpg

奥に誘われるとゾンビーナ2号が現れました。
もう素顔が思い出せません。メイクすげーね。

tzt1_12a.jpg

なんだかお久しぶりなゾンビーナ6号さん。
なんですか、そのモテオーラみたいなんは。

メイク中もメイクオフ後も。
なるほどね、性欲の6号ね!!

なんだか妙に納得です。
どうですか、僕のことも口説いてみますか?

みませんか。そうですか。


そしてアフロ女装のtakaさん。
残念ながら写真を撮れなかったんですが、
スタイルイイっすね。
抱き締めたくなるパターンのやつです。えぇ。

次回はパシャパシャと撮らせて下さいね。
素顔の真面目っぽさがアレですね、萌えますね。

tzt1_13a.jpg

写真、といえばゾンビーナ2号ですね。
モデル業もこなす強者はポージングも様になって!

tzt1_14a.jpg

でも、その後(閉店後)に足をツってたよね。
プルプルしてたよね。

あっはっはっは。

おっと…
これでは2号のゾンビ感を損なってしまう!

tzt1_15a.jpg

と、いう訳で今回のベストショットがこちら。
お土産のチョコケーキを狩る!

いやぁ、しかし舌が長いね(笑)
なんと素晴らしい特徴だろうか。

そして相変わらずのしゃべりに感心しました。
姐さんと話すのは楽しいねぇ。
またゆっくりと絡めたら幸いです。アドュー。

……………………………………………………

バーで絡んで下さったお客の方々、
とても楽しかったです。

チェリーゾンビのお兄さん、頑張って!
愛され弄られキャラはとても良いポジションですね。

……………………………………………………


この後は男性陣に紛れさせてもらって夕食へ。
そして別れて漫画喫茶へと引き篭もり。

一日目から実に濃く、愉快なスケジュールでした。
お会い出来た皆々様、ありがとうございましたー。
posted by DM at 23:30| Comment(53) | TrackBack(0) | ゾンビイベント