2014年10月24日

シー・オブ・ザ・デッド



監督 : Rodrigo Aragão
出演 : Marcelo Castanheira, Mayra Alarcón

Mar Negro / 2013 Brasil

少し珍しい(?)ブラジル産のゾンビ作品です。
監督さんは「ゾンビ沼」「吸血怪獣 チュパカブラ」等で
新進気鋭と言われているらしい方だそうで。

はて・・・ そうなんでしょうか。

タイトルからして海で起こる感染パニック劇・・・
かと思いきや、舞台は冒頭以外のほとんどが陸上。
それもほとんどが娼館(という名の場末のスナック)で
"海上で逃げ場のない恐怖"に期待してはいけません。

要は海から発生したウィルスで村がやられるわけですが
そこに至るまでが長い!無駄に長い!無駄に暗い!
登場人物にもあまり華は無く、、、
誰を見ていいのかがさっぱりわかりません。

ここまでで十分に伝わったかもしれませんが
残念ながらあまり面白い作品ではありません。。。
全てがとっ散らかっているので
見る側も散漫になってしまいますね。
ブラジルの映画は発展し始めたところなのかな?
と、思ってしまう次第です、はい。

特筆して見るべきところも特に無く・・・
なんですが、ネタバレの方で無理やり書いときますね。

とりあえず・・・

海で謎のグチャグチャ生物→よくわからない人物関係
→スナックがオープン→人集まる→感染わっしょい

だと思って頂ければ・・・
もう想像だけでいいかもしれませんね。
あまりにも、スピード感が・・・ ない!

☆見所としましては

おそらく初めて見る(?)大物ゾンビの登場ですね。
ただ、ここも描写が散らかっていて今ひとつでした。
なんとか想像力で補完していきましょう。

特殊メイクや血糊はとても頑張っていますが
使い方がちょっとグチャグチャ過ぎて勿体無い。

☆総評としましては

★+0.5 / 詰め込みグダグダの失敗例を見た

そんなところです。
正直、あまり感想も浮かばないので
ネタバレ(↓)でもう少し愚痴っておきますね。

ブログランキング参戦中 ☆ Let's! ポチッとな ☆
 

ネタバレ
posted by DM at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級

2014年10月05日

Special Thanks!!

zomvish_top_04.jpg

ブログ再開に伴って、毎度なにかとお世話になり過ぎな
KENTOOさんがトップ絵のリメイクをして下さいました。

本当にありがとうございます(土下座)

top2a_s.jpg

こちらが以前の。

全体的に怪奇感が増して更に格好良くなりました。
サイズも少し変わっていて、
見栄えの良さがさすがの仕上がりでございます。
やはりプロの方のセンスは素晴らしいなぁ・・・と

ブログ再開、のんびり頑張ります。
ありがとうございます!!

posted by DM at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2013年06月01日

Special Thanks!!

top3a_s.jpg

top3_s.jpg

人気作家フジムラさんに期間限定(6月の梅雨時期)の
トップ絵を描いて頂きました。

ご本人の愛らしさとビビットさが素晴らしく、
オリジナルブランド"POIHOLIQ"のグッズには
特筆すべき個性と可愛さが。

僕は彼女をゾンビ作家扱いさせて頂いておりますが、
そんな枠に囚われる事無く、
その可愛さと毒の見事な掛け合いに心奪われています。

今回依頼させて頂いた「梅雨時のゾンビ達」ですが、
これまた見事な作品が出来上がりましたね。

素晴らしい!可愛ええ!

これから毎年6月にはこの絵と会えるというわけです。
良いですね。梅雨の楽しみが増えました。

そんなわけで、これからも色々とお世話になります。
ご一緒に楽しんで参りましょうー。

べりせんきゅ。
タグ:更新履歴 SPT
posted by DM at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2013年05月15日

大阪「ツムテンカク」参戦します。

5/25,26に大阪は通天閣最寄の商店街、
新世界市場にて
ビバ!ゾンビ・ストリートが開催されます。

ツムテンカク公式サイト

ビバ!ゾンビ概要・エントリーフォーム

大きなアート・パフォーマンスのフェスの中で
ゾンビがどのくらいの集客を見込めるのか?
そんな事を考えながら楽しませて頂きたいと思います。

(屍)ゾンビヴァレンツとしましては
ゾンビ・ストリート(新世界市場)にて
ゾンビな物販展を広げさせて頂きます。

※物販物の詳細は後日

※ゾンビ・ストリートの出展者も募集中です。
詳しくはツムテンカクビバ・ゾンビ」をご覧下さい。

25日はゾンビアワー(スリラー)なゾンビが蔓延し、
会場全体でカジュアルで華やかなゾンビ達が
所狭しと暴れてくれる事でしょう。

26日はそれに対して陰。

ゾンビがゾンビらしく
小さなゾンビ・ストリートで彷徨い、
ゾンビ自身に、また、迷い込んだ人間様に
その「ゾンビ世界」を体験して頂こう。

というのが僕らの主旨です。

短い時間でも結構です。
心までゾンビ化し、共にじめじめと過ごしましょう!

※当日に簡単なゾンビレクチャーを行います。
(簡易ゾンビメイク可)

皆様のゾンビ愛でこのイベントのゾンビ濃度が
少しでも濃くなります様に。

是非是非、よろしくお願い致します。

posted by DM at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2013年04月17日

マンガ・オブ・ザ・デッド



作家陣 : 田島昭宇、寺田克也、ヒロモト森一、
広江礼威、沙村広明、
うぐいす祥子、鬼ノ仁、松本次郎、
島田虎之介、外薗昌也、古泉智浩、腑貌篤史

豪華作家陣を配しての力作ゾンビアンソロジー。
一通り読み終えた感想は「玉石混合」です。

個人的に主なお目当ては

死人の声をきくがよい」のひよどり祥子さん
少女ゾンビ」のヒロモト森一さん
べっちんとまんだら」の松本次郎さん

でした。
もちろん他の作家さんにも期待して購入しましたが。


うぐいす祥子さん「死体と暮らすな子供たち」

幼い姉弟が主人公の尾を引くストーリー。
魅力的な絵と独特な視点で描かれる物語は最高です。
読後は世界観から抜け出せなくなりますね。

やはり素晴らしい。大好きな作家さん。


ヒロモト森一さん「少年ゾンビ」

勢いのある展開はさすがの持ち味。
最後まで期待を裏切ることなく疾走し、
オチでも見事な爆発力を持ってきますね。面白い。
読み終わるともっと読みたくなる作家さんです。

今後の活躍に益々の期待。


松本次郎さんはイラストのみ。
しかも見開きで真ん中が窪んでいるので
なんとも微妙な気持ちになってしまいました。

少し残念。


ライフ・イズ・デッド」で有名な古泉智浩さんは
今作でも独特の間合いでゾンビ化現象を描写。
ぽかーんとした作風の中に何故かインパクトが。


巻頭の「アンドアイラブハー」寺田克也さん

少しやさぐれた思春期とゾンビ化した家族。
あけすけに描かれた主人公の心情が心地よく、
短いようでいてとても濃厚なストーリーでした。
今後追って行きたい作家さんです。


オカルト色の強い「死霊の杜」外薗昌也さん

安定感と読み応え。
魅力あるカット絵が多数で良かった。


ゾンビものアンソロジーはまず性質的に
その作品の世界観、と言いますか
設定を掴むことが大事ですよね。

ゾンビに対する周りの認識が主なところ。
その点が上手く表現されていて、
比較的わかりやすい作品が多かったと思います。

全体を通しての感想というのはなかなか難しいですが
お値段約1500円で、
個人的には十分に満足のいくコミックでした。

装丁に半透明のプラスチックカバーを着けたのも
豪華かつソフトになって良いと思います。
田島昭字さんの表紙イラストも素敵ですね。

見所はたくさんありますが、
とにもかくにも
うぐいす祥子さんのゾンビ作品が読めるのが
なによりも嬉しいです。

また次巻があるならば是非買いたいですね。
期待しています。

ブログランキング参戦中 ☆ Let's! ポチッとな ☆
 
posted by DM at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ゾンビブック