2012年10月26日

片栗粉Z - ゾンビクラッシュ(肉片)/ 作成方法

dvs_z_making_entrails_skin01b.jpg

材料

水 : 300cc 片栗粉 : 40cc程度 食紅(赤) : 7杯 食紅(緑) : 3杯

ゾンビスキン」の片栗粉の分量を増やし、
粘度と固形感を上げたものがこちらです。

dvs_z_making_entrails_skin02b.jpg

ネバネバのスライム状になるのが特徴ですね。
完全に冷ましてしまうと肌には塗り難くなります。

dvs_z_making_entrails_skin03b.jpg

冷ますと柔らかな固形状に安定します。
(握り潰せばベッタリと塗布する事も可能です)

dvs_z_making_entrails_skin04b.jpg

こちらは「腑に腕を突っ込んだ!」
みたいなイメージで作成しました。
下地を作ってから使えばかなり良いかもしれません。

※粒になっている部分が落ちない様に注意が必要です。
ゾンビウォーク等には向きませんが、
動画や写真を撮影する際の
特殊効果としていかがでしょうか。

→「ゾンビスキン」作成方法へ
→「片栗粉Z」トップ記事へ戻る
posted by DM at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビメイク

片栗粉Z - ゾンビクリーン(掃除)/ 後始末

dvs_z_making_clean01b.jpg

乾燥した「片栗粉Z」は瘡蓋の様に貼り付きます。
体毛の薄い方でしたら、水無しでも
擦るだけでここまで落とせます。

dvs_z_making_clean02b.jpg

ぬるま湯と石鹸であっという間にピカピカに。
お湯が理想的ですが冷水でも大丈夫です。

※片栗粉は温めると再び溶けます。
念のため、排水溝はしっかりと流しておきましょう。

dvs_z_making_clean03b.jpg

使用後の鍋、食器、箸等にも付着は残りません。
(素材によっては染みる可能性があります。
土鍋等での作成は止めておきましょう)

鍋に至っては残りカスを手で剥がすだけでイケますね。
淵や底に残った薄い部分を放置しておくと次の日には
ゾンビペイン」になっている事もあります。

が、「片栗粉」は立派な食材であり、
「G」にとっては十分な餌になり得ます。ご注意を。
全ての「片栗粉Z」は密封し、
冷蔵庫で保管するのが吉かと思います。

※「ゾンビペイン」は常温での保存が可。
密封はしておきましょう。

※長期間保存しておくと変色、変質する事があります。
使用期限は作成から1〜2日程度とお考え下さい。
(時期、保存状態により変化します)

※臭い、触感等に違和感を感じた場合には
使用せずに破棄して下さい。

生ゴミとして捨てる際には中身が漏れ出さない様に
くれぐれもご注意下さい。
半透明な袋の場合、中が見えない様にご配慮下さい。
猟奇事件として捜査される可能性、
異常者として通報される恐れが考えられます。

使用後の後始末はマナーとルールを守ってしっかりと。
周囲を汚す事の無い様に気を付けましょう。

「立つ鳥跡を濁さず」

まぁ、ゾンビなんですけどね。
タグ:片栗粉Z
posted by DM at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビメイク

片栗粉Z - ゾンビペイン

dvs_z_scar01b.jpg

ゾンビスキンを塗布した上にゾンビペインを
重ね貼り(4枚)し、少し血糊を垂らしたのがこちら。

引っ掻かれたか噛まれたか。

dvs_z_scar02b.jpg

同上。
遠目に見るとなかなかにリアルです。
雑に貼っても結構それらしくはありますね。

dvs_z_scar03b.jpg

手の甲に銃創っぽいのを貼り付けてみました。

→「ゾンビペイン」作成方法へ
→「片栗粉Z」トップ記事へ戻る

posted by DM at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビメイク

片栗粉Z - ゾンビペイン(傷痕)/ 作成方法

dvs_z_making_scar01b.jpg

材料

水 : 300cc 片栗粉 : 20cc程度 食紅(赤) : 7杯 食紅(緑) : 1杯
(作成方法はゾンビスキンを参照の事)

作成した"Z"をサランラップに少量取ります。

※見た目はイチゴやラズベリーのジャムの様ですが
でんぷん味で非常に不味いです。
あまり舐めない様にご注意下さい。

dvs_z_making_scar02b.jpg

更に上からサランラップを被せ、
サンドウィッチの状態で薄く薄く伸ばしていきます。

※ラップに破れや火傷にご注意下さい。

dvs_z_making_scar03b.jpg

そのまま少し放置し、頃合いを見て
上部のラップを剥がします。
半日〜程放置し、しっかりと自然乾燥させて固めます。

※上部のラップにも付着してくる事があります。
そちらも同じ様に乾燥させましょう。

dvs_z_making_scar04b.jpg

完全に乾いたのを確認してからラップから剥がすと、
パリパリとしたセロファン状の傷跡が出来上がります。

これをゾンビスキン様"Z"を塗布した上から
貼り付けて使用します。(糊代わりにも"Z"を使う)

dvs_z_making_scar05b.jpg

黒味を強くし、片栗粉は倍の分量を混ぜたもの。
少し分厚く、硬質で尖った部分は痛いです。
こちらはなるべく肌に直接触れない様にご使用下さい。

dvs_z_making_scar06b.jpg

一度乾燥させてしまいますと、
その後の保存は容易です。
(常温、外気に触れさせて放置しましたが変化なし)

上手く形を整えて作成すれば、
ゾンビメイクならずとも
これだけでも十分にお使い頂けるはずです。

ポイントは色味を赤く残す事ですね。
僕はセロファンの様に重ねて使用する為、
重なった部分が暗くなりがちになるからです。

※下の階層が見える位に
薄く作った方が扱い(貼り付け)やすい。

これもまだまだ実験と研究が必要です。
銃創や縫い傷、裂傷、噛み痕など、
バリエーションを考えていきたいと思います。

ハート型なんかも可能かもしれません。

→「ゾンビペイン」使用例へ
→「片栗粉Z」トップ記事へ戻る
posted by DM at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビメイク

片栗粉Z - ゾンビスキン

dvs_z_skin01b.jpg

薄く指で塗り広げた例。

色味は少し赤っぽく、
感染発症から1〜2週間程度でしょうか。

下の皮膚が見える様に残していますので、
肌の色に近い着色が良いかと思います。

dvs_z_skin02b.jpg

厚い部分と薄い部分をまだらに塗布した例。

色味は黒く、ゾンビ化してから1〜2ヶ月?
肉の表面が腐敗、変質しているイメージです。

焼け爛れている様にも見えますね。
そう考えると少し痛々しく思えます。
他のメイクとのバランスで上手くゾンビらしさを。

dvs_z_skin03b.jpg

上記の腕、裏側。

大きく割れた皮膚の表面が
ゾンビの哀愁や歴史、変体具合を感じさせますね。

dvs_z_skin04b.jpg

手の甲から指部分に塗布した例。

指、甲はシワがつけ易く、
枯れてカサカサした雰囲気が出せるかと思います。

この着色では少し赤味が強過ぎましたね。
ゾンビ化して間の無い感じでしょうか。

※色味、濃さのバリエーションを増やして
ここの写真は増やしていく予定です。

→ゾンビスキン作成方法
→「片栗粉Z」トップ記事へ戻る
posted by DM at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビメイク