2011年11月30日

13ゴースト



監督 : スティーブ・ベック
出演 : トニー・シャローブ、マシュー・リラード 他

Thir13en Ghosts / 2001 America,Canada

今回はお気に入りのゴースト映画をひとつ。
もぅ10年も経つのか・・・
非常に完成度と娯楽性の高い逸品です。

物語はいわゆる「お化け屋敷」ものなんですが、
建物が超近代的なからくり屋敷と来たもんです。
清潔で明るく、芸術的で、迷路仕立てのガラス建築。
おぉ、なんという新機軸。こりゃぁ目新しいですよ?
とりあえず、凶暴なゴーストから逃げ惑うお話です。

タイトルでもわかるように
13体のゴーストが出現するわけですが、
このゴーストの造形が最高に素晴らしいんですね。
もぅ、超モンスターライク。迫力満点で個性抜群。
この作品の最大の売りとなっていますので、
いろんなレビューサイトで紹介されています。
(うちでは掲載しませんので、是非ともDVDにて)

で、この作品のキモなんですが、
ゴーストが見える「特殊な眼鏡」が出てきます。
これがとてもいいアイデアだと思いますね。
付けていないと見えないから怖い。
付けていると見えてしまうので超恐い。
うーん、いいトコ取りだ。

演出面では、
計算されたカメラワークと効果音や火花。
CGやVFXを駆使したハラハラの映像が素晴らしい。
緩急がしっかりと効いていて、
ジェットコースター・ムービーとしても優秀ですね。
ホラー、コミカル、家族愛、ヒーロー、残酷描写と
バランス良く配置されていて、実に楽しいです。

役者さんたちもはまり役で良い演技。
違和感なく感情移入ができました。
特に霊能力者役のマシュー・リラードが良かった。
ゴースト達の怪演も光ります。
凶悪で凶暴な獣じみた個体が目立ちますが、
静かで印象深いゴースト達も良かったです。

物語はわずかに「ん?」と思うところもあるんですが、
最後まで破綻する事なく、テンポ良く進んでいきます。
うーん、面白くて目を離す時間がなかった。
楽しくてあっという間に終わりますよ。

☆見所としましては

なにをおいても、まずはゴースト達の個性と造形。
存在感抜群。迫力満点。各個体の設定も良い!
(DVDの特典メニューに詳しい紹介があります)

そして、からくりの部分。
スタイリッシュなSFとオカルトは相性が良い。
時間の経過で開放されるゴーストが増えるのも
ナイスな演出。こりゃやばい。
「時間」で演出を付けると緊迫感が増しますねぇ。

☆総評としましては

★★★★ / カラッと恐いぜ、素敵だぜ。

と、いう事で高評価です。
心霊的なおどろおどろしさは少ないので、
苦手な方にも楽しめるんじゃないでしょうか。
かなり出来の良い、娯楽ホラー作品でした。

うん、やはり面白い。



YouTube / Thirteen Ghosts Trailer