2012年02月13日

ライフ・イズ・デッド



著 : 古泉智浩

ライフ・イズ・デッド 全1巻

絵はシンプルで悪く言えば雑、良く言えば味。
物語の質には非常にマッチしており、
世界観はしっかりと完成されている感があります。

ゾンビ化する事が様々な感染症と同じ様に捉えられ、
その病状に1〜5のレベル分けがある。
主人公は登場時から既に感染しており、レベルは3。
※日常生活は問題なく行えるが、(恐らく)外出禁止や
定期健診(レベル測定)の義務があるといった状態。

そんな主人公の闘病生活や苦悩する家族、友人を中心に
健常者と感染者との関係が生々しく描かれています。
事態の深刻さやドラマチックな事件とは程遠く、
そこにある事実が誇張されずに
ゆっくりと進行していく様が実に興味深い。

実際に徐々に流行するゾンビ感染症が生まれた場合、
日本は本当にこんな反応と生活を送るんじゃないか。
どんなに深刻な事態が起こっても、
危機感は慣れによって失われていくものですよね。

数多くのゾンビ作品の中でも、この漫画が特に
持っているものが「身近な説得力」だと思います。
感染者は悲劇の主人公ではなく、一般的なダメ男。
(この主人公の描写に関しては
いろんな皮肉が込められている様に感じました。)

そして物事は、
なに一つ上手く進む事なく続いていく・・・

うーん、リアルだ。
ゾンビ化現象の淡々とした一場面を抜き出した様な。
物語の起伏は穏やかで、笑いも悲しみも暴力も
必要以上に大袈裟に感じる事はなく、
素直に受け止められます(慣れてしまった感で)

特筆すべき点は
ゾンビ化への進行具合が実にゆっくりで、
それゆえのモヤモヤとした苦悩が描かれている事。
性交渉での感染が描かれている事。
登場人物が一般的な「小物」である事。などなど。

映画化されたという事で、見るのが非常に楽しみです。
じわじわとくる面白さを伝えるのが難しいですが、
これは実に実写映像向きの作品だと思います。

いろんな場面で若者への皮肉が
やんわりと効いているのが良いですね。

いや、皮肉と言うより、これもリアリティかな。

(追記 2月16日)

本日、二度目の読了。
先日の読後感とはまた違った感想を持ちました。

この物語の主軸としてあるのは
「人間が、ある日を境にゾンビという化け物になる」
と、いう事。なんだろう。
友人や家族、恋人がただ死ぬのではなく、
自分達の生命を脅かすものに変貌してしまう。
これはゾンビを語る上で、
避けられない重要なテーマの一つでしょうね。

絵の雑さは二度目になると気にならず、
人物の表情はしっかりと感情を伝えてくれる。

一度目の感想で「皮肉」と書きましたが、
この作品にあるのは実に素直な家族愛と日常。
現実としてゾンビ化問題が起こった時の、
やるせなくも続いていく日常のリアリティでした。

うーん、じわじわと心に居座る作品だ。
タグ:漫画 ゾンビ
posted by DM at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビブック

2011年11月17日

ウォーキング・デッド



著 : ロバート・カークマン
訳 : 風間賢二

The Walking Dead

ゾンビブームを更に一段も二段も押し上げた感のある
アメリカのTVドラマ「The Walking Dead」の
原作コミック本(日本語翻訳版)です。
アメコミ自体をあまり目にしない日本市場で、
翻訳版のゾンビ漫画が発売されるとは・・・
ドラマシリーズの人気の高さと共に、
関係各所の熱い情熱が伝わって来ますね。

まず、でっかい。B5判変形版という事で、
iPadよりも一回り大きいくらいです。
そして表紙が実に素晴らしい!
これはポスターが欲しくなりますね。

収録内容は豪華で、原書の1〜3巻分、スケッチブック、
オリジナルシリーズのカラー表紙ギャラリーに
伊東美和さんの解説まで収録されています。

僕はアメコミが非常に苦手でして、
本書も慣れるまでに少し時間がかかりました。
うん、10分くらい。

作画なんかは少し粗く見えてしまいますが、
とにかく「出来事」を描いていく。
そして「展開」していく。そんな印象です。
細かな会話や描写はバシバシ端折ってますね。
のんびりとは読ませないぞ、と。

内容やキャラ設定はドラマ版とはずいぶん違います。
主人公を含め、登場人物はかなりダーティーで、
ヒーローやヒロインは不在。実に人間らしい。
それがまた「出来事」に集中させてくれる訳です。

肝心のゾンビ描写は、意外にも少しおざなりな感じ。
人間ドラマがメインの作品の様なので、
その辺りは「ゾンビ」そのものではなく、
「ゾンビ化現象」が生む悲劇や成長がテーマ。
そう、主役はあくまでも「人間」なんですね。

この原作を読んで思うのは、
ドラマシリーズは本当に上手く、見栄え良く、
それはもう見事な味付けがされているなぁ、と。
だけど決して別物じゃないんですよねぇ。
うーん、素晴らしい。

ドラマシリーズは紛れもない傑作、ですが、
この原作コミックにも相応の迫力があります。
巻き起こる「出来事」の存在感たるや、
アメリカならではのスケールを感じさせますし、
辛辣な事件や強いセリフが時折グッとさせてくれます。

うーん、続刊も楽しみだ。
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビブック

2011年11月14日

べっちんとまんだら



著 : 松本次郎

べっちんとまんだら 全1巻

表題の女子高生二人が主人公。
飄々と狂った環境を舞台に展開する青春奇譚。
二人とも普通じゃないので、友情の形も歪で脆い。
それがなんだか悲しくもあり、愛しくもあり。

ゾンビは環境を作り出すための小道具、というか
亡者的なアレですね。肉体を持った。
まぁ、あまりゾンビではないです。

世界観と時間軸は実に掴みづらく、
さらっと読んでしまうとあまり理解出来ないかも。
僕もイマイチ良くわかりませんでしたが、
それがこの作品の独特の空気を作っているんだろう
という事で、そのままにしておきました。
次に読み返した時にまた別の感触があればいいな。

「ポップでキュートでエロくてグロい。」

が、売り文句の様ですが、
そのどれもがあまり主張せず、
ナチュラルに絡み合っているといった印象。
ポップ、よりも淡々としている。
キュート、にしては憎らしい。
エロというよりも、明け透けで汚ない。
グロくはなくて、ん、なんだろう。

淡々、飄々とした表現と展開の中に、
精神的に鈍く突き刺さる痛みがあるというか・・・

ゾンビ的な萌えはありませんでしたが、
「なにか」が確実に破綻しているこの世界観は
読み手を引き摺り込むには十分な完成度でした。
「なにか」はなんだろう・・・
コミュニケーション、かな。

狂っていて、純粋で、
優しかったり残酷だったりする主人公二人に
どこか切なく、やるせない感情が湧く作品。

なんか、脳に貼り付く様な感じですかねぇ。
印象は深く、実に尾を引く。
この人の他の作品も読んでみたいと思います。
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビブック

2011年10月26日

ゾンビの作法



著 : ジョン・オースティン
訳 : 兼光ダニエル真

ゾンビの作法 もしもゾンビになったら

ゾンビとして生きていくための指南書
これは良い。
コミカルでシュールな文章が目立つこの作品
内容は実に真面目で説得力のある仕上がりで
ゾンビになってからではイマイチわからない事を
項目別にしっかりとレッスンしてくれます。

・ゾンビ体の特徴やゾンビの原理
・単体や群れでの人類攻撃方法
・ゾンビの処世術や心構え

などなど。
愉快に、そして実にリアルに。
イラストも充実していて読みやすく、親切。

作品全体が徹底してアンチ人類で一貫していて、
それも「ゾンビ向けの本なのだから当然だ!」
と思わせてくれるわけです。
その空気が心地良くていいんですねぇ。

そして特筆すべきは翻訳者の兼光さん。
言葉のセンスが抜群に良くて、
ニヤニヤしてしまいます。
僕の好きな(ゾンビだけに)や(ゾンビなのに)といった
注釈の付きそうな文章が沢山ありまして、
おそらくは原文の方にもこういった言葉遊びは
随所に仕込まれているんだと思いますが、
それにしても言葉の使い方が実にお見事です。

項目(章)は多く、読み応えは十分ですし、
軽い文体でサクサク読めますし、
終始「フフッ」と笑える素晴らしい作品でした。
少し盛り上がりには欠けますが
指南書、というジャンルでは望むべくもないですね。
基本的にはゾンビ映画をネタにしていますので、
詳しい人や見慣れている人は更に楽しめるのでは。

ゾンビが好きな人、苦手な人。これからゾンビ映画を
勉強しようと思う人にもお勧め。
いや、これから見る人には不味いか。
どのゾンビ映画も怖くなくなってしまうかも。

堅くならずにお手軽に笑えるゾンビ本は貴重ですね。

☆見所としましては

全編通して実に愉快に仕上がっています。
章ごとにちょっとずつでも、小気味良く読めます。
そして小口が素晴らしい!(背表紙の反対側)
これを本屋で見たらきっと買っちゃいますよ。

☆総評としましては

★★★★+0.3 / こりゃぁ、イイ。

必携とか必読とまでは言いませんが、少しでも
ゾンビが気になる人には是非とも読んで欲しいですね。
あ、ゾンビになる予定のある人には必読ですよ?
あなたの脳みそがまだピンク色をしている内にね。
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビブック

2011年10月24日

ゾンビブック(まとめ)

短期出張の繰り返しで中々不便な日々です。
手軽に持ち運べるゾンビ本を何冊か購入しました。



ウォーキング・デッド

傑作ゾンビドラマ「The Walking Dead」の
原作コミック本(日本語版)超でっかい。
期待感はかなり高いです。公式サイトはこちら



ゾンビの作法 もしもゾンビになったら

読了。レビューはまた後日ですが
とても面白かったです。オススメの一冊。



ぼくのゾンビ・ライフ

未読。小説系はあまり読まないので
不慣れですが、楽しみです。表紙が良い感じ。



アイアムアヒーロー 1〜7巻

既刊単行本(7巻まで)は読了。
これは傑作を予感させる衝撃のゾンビ漫画。
続刊も楽しみですねぇ。



WORLD WAR Z

「傑作!」「必読!」の超名作(らしい)
お勧め頂いたので早速購入しました。
分厚い!これは読み応えがありそうです。
ブラピ主演で映画化。公開前に読み終えたい。



べっちんとまんだら

行きつけの本屋で見つけた逸品。
一巻完結の女子高生 x ゾンビな漫画。
問題作の予感ですぞ?



ゾンビ・サーガ -ジョージ・A.ロメロの黙示録-

少し前に購入していたんですが
これはロメロ作品を全て見終えてから。
と、いうことで。

以上。
ありゃ、気付くと結構多いですね。
まぁ、コツコツ集中して読みたいと思います。
タグ:まとめ
posted by DM at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビブック