2012年03月02日

チェーンソーメイド



作 : ていえぬ (長尾武奈)

CHAINSAW MAID / 2010 Japan

「チェーンソー・メイド」
YouTubeでの再生回数が350万回を超え、
その完成度の高さから海外での評価も高い粘土アニメ

DVDには未公開を含め
ていえぬ氏の全作品(2010年まで)を収録し、
ホラーで暴力的でちょっとコミカルな
スプラッタークレイアニメーションの
世界を堪能出来ます。

「CHAINSAW MAID」

本編。言わずとしれた傑作クレイアニメ。
目、表情、色彩が素晴らしく、
「生きてる(死んでる)人形」感がスゴイです。

目に生命を感じますし、口の造形には感情が。
ビビットな色彩と粘土特有の「テカり」が
悪夢にも似た雰囲気を醸し出していて、
非常に良い演出になっていますね。
グロ表現も粘土ならではの仕上がりで、
血や切り口のドロドロ感とボリュームが迫力満点。
とにもかくにも造形の完成度が恐ろしく高く、
スプラッタ感の素晴らしい見事な傑作。

最初にちょっとエロスを、
最後に萌えを感じさせるのがニクい演出ですね。



YouTube - CHAINSAW MAID / 2007

「CHAINSAW MAID episode.zero」

Web未公開の新作。

造形や表現のレベルはさらに上がっていて、
ホラーな雰囲気はこちらの方が強いかも。
冒頭で女の人がお腹を裂かれてしまうので、
かなりゾッとしました。悲壮感というか。

メイドさんと少女が日本アニメ的な造形になっており、
萌え度も上がっているかもしれません。
おっぱいありますよ、おっぱい。

「BATTLE OF CLAY」

教育テレビを思わせる可愛らしい作品。
どこか闇を感じさせるのは気のせいでしょうか。



YouTube - Battle of Clay / 2006

「BATTLE OF CLAY2」

「SAW」のジグソー顔した二人の
たたいてかぶってジャンケンポン。
顔が恐く、おどろおどろしくもあり。



YouTube - Battle of Clay 2 / 2006

「BLOODY NIGHT」

怪奇なモンスター・ホラー

暗闇を背景に、追われる恐怖と襲われる恐怖が。
音楽が効果的で、緊迫感のある一作ですね。
全作品中、最もハラハラしました。恐い。



YouTube - BLOODY NIGHT / 2007

「WITHIN THE BLOODY WOODS1」

初期のゾンビ作品。

音声が入っていて、
ゾンビのうめき声が良いですね。
短いですが、おぞましい雰囲気は見事。



YouTube - WITHIN THE BLOODY WOODS 1 / 2006

「WITHIN THE BLOODY WOODS2」

飛び出す目ん玉と潰される目ん玉。

この二作品のゾンビは実に恐い顔をしています。
殺人鬼がゾンビ化した様な感じですかね。

続編に期待。
是非、調子に乗った主人公を・・・



YouTube - WITHIN THE BLOODY WOODS 2 / 2006

「Bloody Date」

僕が初めて見たていえぬ作品。感動。

サイコな一家に囚われる女性の恐怖がありありと。
デスマスクと生首の描写が怖くて良いです。
そして少女の無邪気なおぞましさが・・・



YouTube - Bloody Date / 2007

「Crazy Clay Wrestling」

角が痛そうなプロレス作品。

痛そうですがグロはなく、ある意味安心な一作。
「 C! C! W! 」の掛け声がシュールでクレイジー。



YouTube - Crazy Clay Wrestling / 2007

「PUSSYCAT」

ファンタジックでちょっと陽気なバイオレンス作品。

猫と豚と狼の二転三転する物語で、
明るく淫靡なエロスも感じさせます。
爽やかな背景の中で痛そうな描写が・・・
特に豚の表情が素晴らしく、見事な逸品。



YouTube - PUSSYCAT / 2008

いや、しかし存分に楽しめる作品集でした。
一つ一つは短いですが見応え十分。
物語の最後をカラッとさせてくれるのも良いですね。

ますますのご活躍を期待しております。

ちょっとコラム
posted by DM at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビアニメ

2011年09月05日

これはゾンビですか?



監督 : 金崎貴臣
原作 : 木村心一 / 原作イラスト : こぶいちむりりん
キャスト : 間島淳司、野水伊織、日笠陽子 他

これはゾンビですか? 第1巻(第1話〜第2話)

さぁ、全方位型・ゾンビ・ブログ「ZoMVisH」
今回はみなさんの意表を突いて萌えアニメです。
ハッハッハ、驚いたでしょう。
ジャケット写真、超恥ずかしいっス。

ゾンビあるところに我あり。
ゾンビと名が付くならなんでも試しますよ。

ちまたで噂(?)の"これゾン"だそうですが
あんまり情報を持っていません。
ライトノベルが原作だそうですね。ほほぅ。

それではレビューをば。

(第1話)

結論から言いますと物語にはゾンビ関係ない。
主人公はいわゆる"アンデッド"
しかしながら、
ゾンビへの造詣が深そうなセリフがそこかしこに。
スタッフ(原作者?監督?)の中に
ゾンビ好きがいるのは間違いないと思います。

「屍?」や「直射日光厳禁」のロゴもいい。
タイトルもパンクな雰囲気でいいデザインです。

内容的には"萌え"を利用したギャグアニメでしょうか。
なかなかハジけた演出が光ります。
アンデッドな主人公、チェーンソーの魔装少女
筆談のネクロマンサー等、もぅグッチャグチャです。

狙いは一体なんなんだ。

そう言いたいところなんですが
笑いと萌え、シリアスはどれも軽いながら
バランスがそこそこに良いと思います。
抑揚の付け方も上手いですね。わかりやすい。

ゾンビな設定を活かしたセリフや場面も多く、
主人公ごと敵をチェーンソーで
ぶった切る絵面はとても良かったです。

・ゾンビじゃなかったら〜
・人をゾンビだと〜

は必聴クラスの名セリフだと思います。

とはいえ、
とりあえずゾンビじゃぁない。
まったくもってゾンビじゃぁないんですが
ゾンビな名セリフがまだ出て来そうな期待感で
もう少し話数を追ってみようかと思います。

第1話ではとりあえず、
主人公がアンデッドで魔装少女だという事で。

(第2話)

吸血忍者の毒舌系巨乳お姉様が現れました。
声優さんもキャラもまだまだSっ気がたりませんねぇ。
ヒロインとの出会いも回想されて、
メインキャストは出揃った感じですね。
回想の中でシリアスな事件の発端も語られます。



これはゾンビですか? 第2巻(第3話〜第4話)

(第3話)

前半は少しバカで楽しい日常と微萌エロを。
主人公の親友君がボケ役で憎めない奴ですね。
彼が結構ボケ倒しでテンポが良いです。

後半には新たな女の子キャラが登場。
この娘だけ普通っぽくて恋愛(エロ)ゲームっぽい。
普通っぽいと言っても現実にこんな奴はいない。

シリアスな展開への前フリも少しあり。

(第4話)

ほのぼの殺人料理風景から始まって
シリアス路線にシフト。
暗い雰囲気の映像がなかなか良い。
殺人現場の血糊や攻撃されての血飛沫など、
ホラー好きには少しグッとくる展開。
シリアスで恐さもある。血と涙とバトルの回。
敵のモンスター、超巨大で素晴らしい。クジラ。



これはゾンビですか? 第3巻(第5話〜第6話)

(第5話)

お色気レズシーンからスタート。
今更ながらオープニングが良く出来てると思った。
前半はエロシーン押しのサービスカットが多数。

後半は墓場でデート、深刻なバトルが勃発。
このアニメのもうひとつの主軸、ですかね。
悪役女の子キャラ降臨。
性悪、強敵っぽくて良い。グッときます。
このキャラのコンセプトは"全部盛り"でしょうか。

(第6話)

前回に続いてシリアスなバトル中。
敵キャラがどんどん病的になっていくのが良い。
クレイジーな笑みにグッときます。
うーん、やはり悪役は良い。

アンパンマンとバイキンマンだと後者が好きでした。

この回はバトル内容がなかなかエグい。
残酷で物悲しい雰囲気に飲まれますね。
真っ赤な映像と断末魔。
意外だ、意外な出来栄えだ。いいじゃないか。

しかし愛着の湧く悪役キャラですね。
加担したいなぁ・・・。グッときます。

前回と今回でロリータババアな大先生登場。
ヒロイン達をぶっちぎる存在感ですね。良い声だ。



これはゾンビですか? 第4巻(第7話〜第8話)

(第7話)

ハーレム・ラブコメ再開。
ちょいツン即デレの新キャラ登場。
手裏剣の髪留めが良いですね。好きです、手裏剣。

ヘヴィ・ロックなサンタ伝説となまはげ。
ほのぼの空気でお気楽な心地良い回。

(追記 第2〜7話 / 2011.12.09)



YouTube / 『これはゾンビですか?』先行映像
posted by DM at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビアニメ