2012年02月09日

劇場鑑賞「ゾンビ大陸 アフリカン」

先日上京した際にシアターN渋谷さんで鑑賞した
「ゾンビ大陸 アフリカン」(原題 : The Dead)
なかなか見応えのある作品でした。

「ゾンビ史上初!舞台はアフリカだ!」

というのが少し意外だったんですが、
ブードゥーの本場、アフリカでのゾンビ映画。

ゾンビの方々が現地のアフリカ人だと思うんですが
体が細く、筋肉は締まっていて手足が長い。
骨で筋張った顔にも迫力が出ていて良かったです。

うーん、似合う。いいなぁ。

内容は男性二人(白人+黒人)がゾンビ蔓延る大陸からの
脱出を図るため、協力して目的地へ向かうというもの。
広大な土地を車で移動するわけですが、
トラブルや物資を調達するために足止めをくらう。
徐々にゾンビが迫ってきて囲まれたりするわけです。
(ここの描写はちょっとしつこく繰り返されますね)

間延びして少し眠くもなりましたが
ゾンビの造形や描写も良く
個体の存在感もありましたね。目と骨が良い。
ストーリー云々はあまり気にせずに、
ゆっくりと迫ってくる恐怖と焦りを味わいましょう。

うん、なかなか新鮮な作品でした。
posted by DM at 14:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2012年02月03日

ゾンビのビンゴ「ゾンビンゴ」を作ろう。

"ゾンビ"がモデルのビンゴゲーム
その名もそのまま「ゾンビンゴ」の作成にあたり、
ゾンビ絵を描いてくださる絵師様を募集しております。
募集人数には今のところ上限はありません。
(多種類のゾンビンゴカードを作成予定です)
下記をご確認の上で
面白いと思って頂けましたら、是非ともご協力下さい。

☆コンセプト☆

今回のゾンビはやられ役です。
重要器官や各部位に数字を割り当てるというもの。

通常のビンゴカードにはない特徴として、

・列の概念がない事。(空振りがあります)
・ルールによっては早い展開が望める事。
(ヘッドショット一撃や重要部位三箇所で、など)
・穴を開けたあとのカードが捨てづらい事。
・景品はきっと変なものが多いと思う事。
・お客さんも主催者もきっと変な人達が多いと思う事。

等々です。
後半は完全にただの妄想ですが、えぇ。

☆作成概要☆

頭からつま先までの一枚絵を
何分割かのマスに各部位を当てはめてお描き頂きます。
(頭部・心臓・股間・腕・脚など)
※背景やゾンビ的に平気な部分が"はずれ"となります。
これによってある程度自由なポーズが可能かと。

☆暫定ルール☆

パターン1 頭部+心臓+股間の撃ち抜きでゾンビンゴ
パターン2 部位五箇所撃ち抜きでゾンビンゴ
パターン3 ヘッドショット一撃でゾンビンゴ

番外編 最初からの連続空振り6発で弾切れ ブービンゴ

参加人数や使える時間により調整が効きます。

☆配布や展開☆

基本的には印刷用画像の無償配布を考えております。
(市販のビンゴ用印刷用紙を使用できる様に)
圧縮ファイルに注意事項と取り扱い説明書を同梱。
これに各作者さまの情報も追加可能です。

配布には専用のWebサイトを作成。
ここにも取説や注意事項を掲載します。
各作者さまへのリンクも設置予定です。

多くの方の目に届く様にショップ様への委託も。
(これは色々とハードルが高いかもしれませんが)
※実費程度の価格と無償配布の情報を添付し、
金銭的な情報は関係者全員に全てを開示します。

☆リスクと倫理☆

ゾンビがモデルとはいえ、身体を撃ち抜くという
コンセプトには賛否があるかと思います。
これによる批判等を受ける事も考えられますので、
企画・制作として「ZoMVisH」と「DM」を記載し、
管理責任は僕にあるものとさせて頂きます。

※対処しきれない事態もあるやもしれません。
その際にはご迷惑をお掛けする事となってしまいます。
どうかこのリスクをご承知おき下さい。
イラスト制作者名の非公開や公開停止なども可能です。

☆口説き☆

楽しいゾンビグッズを楽しんで作ろう!が
今回のモットーです。
どうです、絵師の皆様。一緒にゾンビで遊びましょう。
沢山の方の参戦をお待ちしています。

君もおいでよ!IT's A Zombie World!
どうぞ、よしなにー!
posted by DM at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2012年01月31日

第二回 ゾンビ晩餐会 in 東京

zdp_002a.JPG

ゾンビやホラーが大好きな面々が集まって飯を喰らう!
「ゾンビ晩餐会」第二回目は遠路を越えて東京へ。

集まってくれたのは僕の他に5人。4名が女性でしたね。
やはりゾンビには女性の方が相性がいいのかも。
奮い立て!若年男子よ!

(お会いした順に紹介をば)

ゾンビーナ 2号 ナオミ姐さん

すごく存在感のハッキリした人。強敵です。
勝てる気がしないなぁ。
ザクザクとしたしゃべり口調が心地良かったです。

※今回の東京ゾンビ旅行、宿が姐さんの超近所でした。
いや、ほんとにたまたまです。すげぇぜ。
方向音痴の僕に心強い味方でした。
ありがとうございます。

踊り狂う兎のブログ 兜鴇 鴻さん

イラストレーターの鴻さん。
年齢の不詳さと好奇心全開の猫被り具合が素敵でした。
変わり者オーラ、出てましたよ。
未成年扱いしてすみませんでした。

ゾンビと歩く。カボチャスキさん

色々とお世話になっているゾンビ漫画家のカボさん。
優しい口調が良いですね。
イメージよりおっきかったです、えぇ。
拷問博物館の情報ありがとうございました。

カタコンベへようこそ! perioさん

待ち合わせの目印にゾンビ本を抱えていたペリさん。
さすがだぜ!広すぎるキャパを感じました。
背が高くてスラっとした上品さとのギャップが。
ラスボス感が半端なかったですね。

ゾンビーナ 1号 メイミーさん

漂うお姉様感と優しさと色香。そして美人。
なんというか、色々と完成度の高いお人。
声が従姉妹のゆかちゃんに似てて落ち着きました。
写真を見てダミ声の酔っ払いかと思ってました。
違った!

いやぁ、みなさん、個の確立具合が素晴らしい。
見習いたいと思いました。

今回の餌場は池袋、焼肉の炭火焼あもんさん。
土地勘も店勘も無いので、現地の姐さんを頼った。
教えてくれてありがとう、ナオミ姐さん。

まず値段が結構高い。さすがだぜ、東京。
神戸牛らしいので仕方がな・・・
いやいや、あたしゃ、アレだ。
神戸生まれの神戸育ちの神戸在住じゃないか。

おまかせのコースがお値段別で頼めるという事で、
予算の都合と量が多いとアレなので
一番安い3500円のコースをお願いしました。
(個人的には全く量が足りず、追加が前提かな、と)

最初に炙ったお肉が乗っかったお寿司が。
なんとも小洒落たスタートとなりました。
やるじゃないか、東京。

その後は話に夢中になってしまい、
味を全く覚えていないという・・・ 不覚。
高い肉への期待感を煽る味だったと思います。
追加でホルモンを頼みましたが、
こればっかりは神戸のコールド勝ちですな、ふふふ。

店内は居心地も良く、
落ち着いて話せる環境でした。
本当は二件目も考えていたんですが、
それぞれに話が盛り上がって時間が無くなりましたね。
いい事だー。

本当に全員が初対面とは思えない和気あいあいでした。
楽しかったなぁ。
みなさま、是非またご一緒しましょう。

超ありがとうございました。
ほんと、楽しかった。

zdp_002b.JPG

おまけ写真は
ゾンビーナさん方にキャンタマ呼ばわりされた肉。
ナオミ姐さんが以前に食べた時の写真です。
うーん、頼めばよかった!

「すいませーん、キンタマ6人分」

わー(笑)
posted by DM at 01:21| Comment(3) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2012年01月25日

衣装用、手作り血糊。

zombie_costume_01.jpg

原宿ゾンビウォークとゾンビ晩餐会 in 東京で
ゾンビウォーク用の衣装を作りました。

zombie_costume_02.jpg

今回はダメージ加工の時間が無かったので
手作りの血糊を大量に塗りたくる事に。

(手作り血糊の材料)

食紅(赤) + 食紅(緑) + 水 + 片栗粉

全てスーパーで購入出来ました。
食紅はお菓子作りのコーナーにありましたが、
小さなお店だと緑は置いていないかも。

@水を手鍋に入れ、沸騰させる。

A火を止めて、食紅(赤)を投入。
鮮やかな赤になるので、少し濃いめに作っておく。

B食紅(緑)を少量ずつ足していき、色合いを調整。
緑を足すと段々と黒味が掛かってそれらしくなります。

Cとろみの具合を見ながら片栗粉を足していく。
片栗粉は冷めると固まってしまう場合があります。
少し少なめにしておきましょう。

超簡単で大量の血糊を安価に用意出来ます。

蜂蜜と食紅で粘力のある血糊を作れるそうですが
今回は衣装用のため、
蟻の寄って来ない材料にしました。
またの機会にメイク用も作ってみたいと思います。

あとはスプーンで線を引く様に衣装に零してみたり
少し高い位置からボタっと垂らしてみたり
手に掬って手形を付けたり、握ってなすり付けたり
霧吹きで散らしてみたり指で弾いたり。

※手でやるのが一番簡単で手っ取り早いですが、
火傷をしない様に冷ましてからご使用下さい。

(応用編)

片栗粉を玉にしたまま混ぜずにいると
その形のままで固まりますので、
肉の脂身や瘡蓋のような質感に仕上がります。

これを使って特殊メイクばりのメイクが可能かも。
posted by DM at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2012年01月18日

第二回 ゾンビ晩餐会 in 東京(参加者募集)

東京は原宿で開催されるゾンビイベント
ZOMBIENA ISLAND」(1月28日)に合わせて
ゾンビ晩餐会で親睦なんぞを深めようと思いまして、
下記の日程で東京ゾンビツアーに参ります。

(ゾンビ晩餐会の日程)

日時 : 1月27日 20時より
場所 : 池袋
獲物 : 血の滴る生肉やソレを炭火で焼いたもの
土産 : LDD 2 Inch Figures

会話 : 日本語 呻き声 喘ぎ声

ゾンビやホラーな話題が多くなるかも。
僕はちょっと、ゾンビグッズの制作に関する相談と
東京観光の情報を探りたいと思ってます、えぇ。

参加 : ゾンビ好きの方

Twitterでお誘いした方が中心ですが
今回は小規模でシンプルな食事会にしたいので、
ブログ等にて会話した事のある方、
または参加者のお知り合いの方限定で貪ります。

参加希望の方はコメント、Twitterにてご連絡下さい。
お会いしましょう、遊びましょう。


(旅行メモ)

以下は僕の大まかなスケジュールっぽいもの。
観光情報や食事情報を教えて下さい。
一緒にご飯や観光をして下さる方、大募集中です。
観光は主目的ではないので、特に食事を。


26日 20:30〜 神戸(三宮)より深夜バス出発


27日 6:30〜 新宿(西口付近)到着

(漫画喫茶にて時間潰し)

(朝食、昼食情報募集中)

(新宿 イエローサブマリンにてCARD OF THE DEAD購入)

(渋谷 シアターNにてゾンビ大陸 アフリカン)

(中野ブロードウェイ 散策)

15:00〜 台東区 ホテル チェックイン

(ホテル周辺 散策)

20:00〜 ゾンビ晩餐会


28日

11:30〜 港区 むさしの そば店 昼食(上カツ丼)

(観光情報募集中)

(江戸東京博物館 見学)

(ホテルにて仮眠)

18:00〜 原宿 ウェンディーズ 夕食

19:00〜 原宿 UC ゾンビ島

(ホテルに戻るか漫画喫茶にて仮眠)


29日 10:30〜 台東区 ホテル チェックアウト

11:30〜 葛飾区 郷土と天文の博物館

14:00〜 秋葉原 くるみそば 仙波 昼食

(秋葉原 散策)

(観光情報募集中)

(夕食情報募集中)

(新宿移動、漫画喫茶にて時間潰し)

22:40〜 新宿 高速バス 出発


30日 21:00〜 神戸(三宮)帰着


予定はどんどん変えていくつもりです。
テキトー、テキトー。
posted by DM at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌