2012年06月26日

ベルリン・オブ・ザ・デッド

Rammbock.jpg

監督 : マーヴィン・クレン
出演 : ミシェル・フイス 、テオ・トレプス 他

Rammbock / 2010 Germany

非常に真面目で丁寧に作られた印象のある
実に完成度の高い良作。
おそらくはかなりの低予算ながら、
それを補って余りある見事な出来栄えでした。

ジャケット写真からの印象とは違い、
じっくりとした落ち着きもある物語。

暗く乾いた映像は芸術然としていて、
叙情的な雰囲気と
場面ごとに効果的な音楽が心地良かったです。

冒頭で突如として感染が始まり、
寂れたアパルトマンを舞台にした籠城劇。
主人公はしょぼくれた中年で
とても感染者と戦える様には見えません。
そして実際に戦う事はほとんどなく、
狭い建物の中で、隠れる様に逃げ回る場面には
緊張感がありますね。

感染者は凶暴化したダッシュ系で、
音に反応して興奮するタイプの強敵です。
メイクにも迫力があり、
襲ってくる姿も良かったんですが、
僕個人としましては、ゆらゆらと
揺れて立っている姿が悪霊っぽくて好きでした。

籠城、物資、脱出の間には人間模様の物語があり、
それぞれに琴線に触れる場面が。
押し売りをしない、さりげない表現が素晴らしい。
控えめでリアリティがあり、
それでいてグッとくるものがあります。

いやぁ、大人な雰囲気ですよ。
なんか、くたびれた感じが。

全体的に漂うのは、
お洒落な様な、とても野暮ったい様な空気感で、
静かな情熱や芯の強い心意気を感じる作品でした。

☆見所としましては

芸術的な映像とアイデアのあるシーン。
ゆっくりした展開と感染者の凶暴性で
緩急も上手く使われていますねぇ。

☆総評としましては

★★★+0.2 / 堅実で真面目。とても面白い。

です。

そしてこれは愛の物語。
主人公の強さと弱さが同時に表れたような
ラストシーンが本当に良かった。

泣かせます。



YouTube - Siege of the Dead UK trailer
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級

2012年04月27日

アイス・オブ・ザ・デッド



監督 : ジェイソン・ロバート・スティーヴンス
出演 : ジェイムズ・カイソン・リー 他

Blood Snow / 2009 America

吹雪の山小屋、軟禁状態での錯乱もの。
タイトルとジャケットでゾンビ作品かと思いましたが、
残念ながらゾンビっぽい描写がほんのチョットある、
というくらいのシチュエーション・スリラー。

前半は三組のカップルの関係性を表そうと、
まぁ、いわゆるひとつの頑張ってます。
前振りとしてはかなり長く、
なかなか本筋は始まってくれません。
ただ、この部分はそこそこにテンポが良く、
役者さんたちに魅力があるおかげで場持ちはします。
お色気もチラホラ。

後半へのフリとして
"悪夢を見て目を覚ます"がしつこくあるんですが、
映像の作りがちょっと残念なセンスで、
中途半端な煽りになってしまった気がします。
悪夢は悪夢、現実は現実と
はっきりとした区別をつけたかった。
この部分が邪魔をしてしまって
クライマックスに向かっても恐怖感が感じにくく、
犠牲者が出ても「フーン」程度の
感想になってしまいました。

映像と音楽はどうにもチープ、というか
あまりセンスがよろしくない。
映像に説得力がなかったり、
音楽が場に合っていなかったりと、
ここでも雰囲気を盛り下げてしまいます。

そして後半は説得力の崩壊と共にテンポがガタ落ちし、
前フリ部分の方が楽しめたと思わせるガッカリ感。
ゾンビ分としては、
実体くさいゴースト(幻覚?)や、人喰いの伝説話として
登場するのが精一杯。

役者さん達は本当に魅力的で、
上手い演技と色気のある風貌で楽しませてくれます。
舞台設定も良く、カップルの会話も悪くない。
それだけに、
方向性の定まっていない様なストーリーが残念です。

悪霊に悩まされて、徐々に精神が崩壊していく、
というのは実に王道で楽しい展開のはずなんですが、
あらゆる魅力を自ら壊してしまっていますねぇ。

どうしたかったんだ。
なんだかもったいないなぁ。役者さんたちが。

☆見所としましては

男性陣も女性陣も華があります。
ただ、一番印象に残っているのは、本筋に
全く関わりのないおっぱい要因のお姉さんでした。
この人の裸ゾンビが見たかったなぁ。
セクシー。

☆総評としましては

★★ / もう少し狙いを絞ったほうが良い。

な、感じでした。
どうにもフワッとした雑さが出てしまい、
残念ながら物語には入り込めませんでした。

メインゴーストっぽい人の
ゾンビメイクは可愛くて良かったです。
ちょっとわざとらしいですが。

うーん。
雪山と血って相性が良いと思うんですが、
その辺もほとんど有効ではなかったですね。
似非ゾンビがチラッと出てくる
サイコ・スリラーっぽい雪山もの。



YouTube - アイス・オブ・ザ・デッド 予告編
posted by DM at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級

2012年03月07日

ゾンビ処刑人



監督 : ケリー・プリオー
出演 : デヴィッド・アンダース、クリス・ワイルド 他

THE REVENANT / 2009 America

原題の"THE REVENANT"は
「死の世界より戻りし者」的な意。(たぶん)
日本風に言うと「黄泉がえり」が近いと思います。

邦題やジャケット、宣伝文句からは
アクション満載のダーク・ヒーロー的な
骨太コメディを想像したんですが、
(良い意味で)その期待は裏切られましたね。
これは純然たる人生ドラマだなぁ。

この作品の特筆すべき要素として
ゾンビ(主人公)の特殊な設定があるんですが、

・知能や能力は生きていた頃と変わらない
・身体の機能を保つためには人の血が必要
・痛みは感じるが撃たれても死なない(死んでる)
・夜しか活動できず、朝には死体の状態に戻る

作中の表現を借りると
「肉体を持ったゾンビ的な亡霊」らしいです。
ヴァンパイアやアンデッドの特徴が強いですが、
見た目はかなりゾンビ寄りなのでご安心(?)を。

(あらすじ)

戦死した主人公は葬式の後に墓地から蘇ってしまう。
自分の身に起きた現象を理解しきれずも、
まずは親友の元へ身を預ける事に。
状況を把握してきた二人は夜の街で生き血を求め、
不死の肉体を使って
犯罪者を狩っては死体を捨てる毎日を送る。
金や薬を手に入れて"第二の人生"を満喫するが、
そんな破綻した生活が長く続くはずもなく・・・

恋人とのしがらみや親友との友情にも悲劇は起こる。

どこか文学的な匂いを漂わせ、
突拍子もない会話や台詞にも何故かリアリティが。
普通ならコメディになる様な場面にも、
その裏にある苦悩や不安、戸惑いが描かれていて、
真面目で物悲しくも
ユーモアのある雰囲気を感じさせます。

物語の完成度を高めるための映像は
影や暗闇をエフェクトにしたセンスの良い仕上がり。
一つ一つのシーンがかなり丁寧に作られていて
映像的な名場面と呼べるシーンが多く、
例えば、ソファで横たわる彼女を背景に
至近距離で銃を撃ち合うゾンビ二人の姿は
実にシュールで感動的ですらありましたね。

様々な名作映画へのオマージュが
たっぷりと込められた名場面の数々は
主人公がゾンビという事を活かし、
ある意味で唯一無二の存在感を放っています。

特殊メイクのレベルも高く、後半は結構グロい。
ただ、主役がゾンビという事もあり
「痛そう」な表現は控えめなので、その点では
残酷描写が苦手な方にも良いかもしれません。

展開は起承転結がしっかりとしていて、
「承」の部分では邦題に偽り無し。
ラフな服装でダーティーハリーの台詞を拝借したり
軽快なオーケストラに乗せて次々と悪人を始末したり
ここはなかなかワクワクとさせてくれました。
が、ある人物の死をきっかけに一気に破綻する状況は
「死ねない不幸」と悲劇を加速させ、
どうにもやるせない気持ちに包まれてしまいます。

死なない事、死から蘇ってしまう事は
本当に不幸でしかないなぁと思いました。
この作品を見て強く感じたのは
「殺してあげたい」って気持ちでしたが、
序盤で前フリになるセリフがあって、
きっと、それが正解だったんでしょうね。

最後の場面には賛否があると思いますが、
僕にとっては
ロメロ監督にも通ずるゾンビへの愛や
近代社会への皮肉、批判を感じさせるものでした。
そして主人公への哀しい報いも・・・

最後の選曲はずるいなぁ。
泣いちゃったじゃないですか。

☆見所としましては

親友同士の会話に現れる「哀愁」でしょうか。

大人の玩具の振動でしゃべる場面があるんですが、
笑いながら泣いてしまいそうな良い場面なんですよ。
絵面と台詞には笑っちゃうんですが、
その状況と心情を考えると・・・。もぅ、ね。
この雰囲気はほんとにグッとくるものがありました。

☆総評としましては

★★★★ / やるせない、ヒューマン・ゾンビ・ドラマ

悲痛さや物悲しさ、笑える会話に衝撃的な画。
様々な要素をバランス良く配置し、
それぞれがじっくりと描かれていて完成度が高い。

あと、主役の役者さんが素晴らしいです。
真っ白に濁ったゾンビの眼で
ここまで人間的な感情を表現出来るとは・・・

うーん、実に尾を引く作品だなぁ。名作です。



YouTube - ゾンビ処刑人 予告編
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級

2012年01月08日

スローター 死霊の生贄



監督 : ジェイ・リー
出演 : ジェシカ・エリス、ザック・キルバーグ 他

THE SLAUGHTER / 2006 America

原題の"SLAUGHTER"は虐殺や殺戮の意。
これはシリアスなホラー・ゾンビが期待出来ますね!

どっこい、よくわからないコメディ調の
「悪霊+ゾンビ+オッパイ」
そんな感じの、お気楽な作品でした。

よく見てみると、監督は
「ゾンビ・ストリッパーズ」のジェイ・リーです。
うーん、主張が一貫していて非常によろしい。
好きです、この監督。その主張というのも、
グロさとお色気とコメディは相性が良い、と。
もしくは・・・
使える要素は使っとけ、と(笑)
商魂の様なものを感じますね。

物語はスタンダードなお化け屋敷作品で、
盛り上げ用にゾンビも後半で大活躍!的な仕上がり。

アルバイトで廃墟の掃除に訪れた若者と雇い主。
陰惨な過去に囚われたこの家で、
彼らは偶然(必然?)にも
次々と悪霊復活の儀式を行ってしまう。
復活した魔女。ゾンビとなって蘇る仲間たち・・・
殺戮の惨劇が今、再び始まる。

まぁ、なんか大まかにはそんな感じのお話。

オープニングはアメコミっぽさ全開の
おっぱいがいっぱいなシーンから始まりまして、
呪文を唱えながら短剣で仲間や自分を刺す!

刺す!刺す!刺す!

うん。このシーンの刺してナイ感が半端ないです。
チープさと微妙な迫力が混ざり合った不思議な感覚。
ただ、デジタル処理の
かなりな安っぽさはいかがなものかと(笑)

※全体を通して言える事ですが、
CGや合成等の出来があまりに安い。
が、おかげでさっぱり怖くないという
妙な安心感があります。
うーん、これはこれで狙ってやってるんでしょうか。

せっかくのおっぱいシーンですが、何故かモノクロ。
うーん、もったいない。
大昔→昔→現在と時代描写が移って行くんですが、
段々と映像に色味を帯びてくる、という演出です。
まぁ、わかりやすくていいかもしれません。

カラーで見たかった。

ゴホン・・・
まぁ、おっぱい話は置いておきまして・・・

本編前半は粗い映像のシーンが多く、
所々に悪霊が現れるお決まりの前フリ部分。
登場人物のどうでもいい掛け合いが少し退屈です。
黒髪ヒロインの華の無さと
お色気担当の金髪グラマーな女性陣の差が大きい。
が、
この黒髪の女性も後半ではいい感じに壊れてくれます。

いや、キャラ変わっとるがな。

と、いう事で
後半からはやたらとコメディ色が強くなっていきます。
セオリーとは逆のパターンな気がしますが、
前半を壮大な前フリと考えるべきでしょう。

いや、たいして意味のない前フリですが。

後半の主軸となるのはドタバタなゾンビ・パニック。
多少のグロもありで、犠牲者が増えていきますが、
基本的には能天気な会話の続くお手軽ムードです。

「それでいいのか?」

と、ツッコミたくもなるんですが、
前半から中盤のチープな緊張感よりも
後半のチープなコント仕立ての方が気持ち良い。
そんな感想で楽しくなってきました。

うーん、これは監督の思う壷なのかも。

犠牲者の死に方は残酷っぽくもバカらしくもあり。
子供さんやグロが苦手な人は怖いかもしれません。

そこからオチに向かって物語は破綻していきますが、
その破綻を逆手にとってのコント仕立てへの移行は
B級、C級作品として上手い撮り方だと思いました。
上手い撮り方というか上手い逃げ方ですね。

最終的なオチも、ある程度の先読みは出来たものの、
独特の安っぽさで逆に違うオチにするかも・・・
とか、そんな雰囲気もありました。
最後の絵面もバカっぽくてちょっとグロくて良い。
ヒロインの見せ場はココと壊れ始めて笑う所ですね。

特殊メイクはかなり頑張っていて十分なレベル。
ところが、デジタルな映像処理が酷い。
そこにB級+C級の心地良い面白さがあるなぁ、と
個人的にはなかなか楽しめた作品でした。
やっぱり好きです、この監督。

まぁ・・・
真面目に見ようとすると駄作になってしまうかも。

☆見所としましては

ゾンビが現れてからのツッコミ所の多さ、
ふざけた会話、とぼけた演技。
ここだけ見ると非常に良質のゾンビ作品ですね。
いや、褒め過ぎました。
良質とまでは言えませんが、なんだか面白いです。
監督がゾンビ好きなのは間違いないと思いますね。

オープニングはモノクロのおかげで
アメコミの1カットの様な絵面が楽しくて良い。
美人揃いでおっぱいがいっぱいなので、
このシーンで予算の大半を使ったんじゃないかと。

エライ!

あ、いや、駄目じゃないか!まったく・・・
本編の女性陣も美人ぞろいですね。

☆総評としましては

★★★ / おっぱいと監督で点数オマケ。

繰り返し見てみると、
実は後半のコント仕立て部分も
制作側としては真面目に作ってるんじゃないかと、
そんな風に思えてきました。
と、すると、偶然に出来た変な佳作って感じですね。

とりあえず!
色んな意味でなかなか楽しめました。
何故か何度も見てしまう、癖になるC級感。

うーん、意外とお気に入りになってしまった。

(追記)

予備知識としては知っていたんですが、
とにかく吹き替えが酷い。
これはこれで面白いんですが、
キャラの雰囲気も作品の抑揚も壊していますね。
終始に渡ってコントのノリなわけですが、
悪ふざけが過ぎるのではないかと・・・

シリアスを狙った場面にも馬鹿なセリフを。
それもあまり笑えません。具体的には
「アーチーチ〜」や「トゥゲザーしようぜ!」など。
少しはシーンの雰囲気を尊重して欲しかったなぁ・・・

見る人によっては好きな人もいるかも。
お色気担当のお姉さんが
エセ関西弁なのは少し笑いました。

まぁ、まったくの別物として見る事をお勧めします。
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級

2011年12月17日

プラネット・テラー



監督 : ロバート・ロドリゲス
出演 : ローズ・マッゴーワン、フレディ・ロドリゲス 他

Planet Terror / 2007 America

これぞ快作!
ロバート・ロドリゲス渾身の出来栄え。

いやぁ、相も変わらず・・・

とんでもない絵面を連発する映像美と
それを全て肯定するタイダル・ストーリー。
次を予測する暇のない展開のハチャメチャ感には
ただただ、魅入るばかり。

物語的には、感染パニックの脱出劇。
ひたすらに激しい戦闘シーンがメインですが、
人間側が超アグレッシブで凄腕ぞろい。
ここが普通じゃないところですねぇ・・・。さすが。

一歩間違えれば間抜けにもなってしまうシーンを
渋く、カッコ良く作り上げるセンスは極上。
これぞロドリゲス!
時々、一歩間違ったシーンもありますが、
そこはコメディ要素として上手く作用していました。
いや、それも狙っているんでしょうねぇ。

圧倒的な存在感の登場人物達と
その人間関係が感染よりも重要な要素になっていて、
粋で気の利いた演出が光ります。

ダーク・ヒーローっぽい正統派 "エル・レイ"
片足マシンガールなヒロイン "チェリー"
サイコっぽいドクターにその妻と息子。
BBQ屋店長に弟の保安官。
ちょっと間抜けな部下のトム・サヴィーニと
目つきの危ないタランティーノに、
感染した戦闘部隊を率いるブルース・ウィリスまで。

濃いぃな(笑)

キャストはかなり豪華で、
映画好きの人には馴染みの名優さん揃いかと。
※ブラック・アイド・ピーズのファーギーが
序盤でアレするアレな役で出ていますね。凄いな。

戦闘シーンとグロ描写は派手でどぎつく、
撃ちまくり爆発しまくりで吹っ飛びまくり。
顔や内臓はグチャグチャ。
身体はバラバラ、血はドバドバ。
敵のゾンビ(?)もボコボコ膿だらけで気色悪いです。
捕食シーンもエグい。

映像は"グラインドハウス"を体験するために
ノイズだらけの乱れた仕上がりになっています。
最初は見辛くも感じましたが、
B級好きにはクセになる臨場感かも知れません。

※グラインドハウスとは・・・

B級、C級映画を中心に、
複数立てで上映していた映画館の総称。
上映されるフィルムには傷があったり、
トラブルや紛失が当たり前だったらしい。

うん、雰囲気、出てますね。
これはこれで良し!

B級映画をここまでの傑作ムードに仕上げる、と。
いや、素晴らしいスタッフとキャストですね。
期待通りの完成度に、満足満足。

さすがはロバート・ロドリゲス監督。

☆見所としましては

毎度の事ながらキャラの個性が素晴らしく、
圧倒的存在感に飲まれる事間違いなし。
セクシー美人が多数登場で、
サービスショットはエロ度抑えめながらも美しい。

☆総評としましては

★★★+0.8 / 安心のロドリゲス・クオリティ。

「ゾンビ」と言うよりはド派手な戦闘モノなので、
評価の点数は少し抑えめです。
女性キャラの可愛さが印象深い作品でした。

グロ耐性の低い人にはなかなか厳し目の映像かも。
バカグロカッコイイという、素敵作品ですね。



YouTube / Planet Terror International Trailer
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級