2011年07月12日

レッド・デッド・リデンプション:アンデッド・ナイトメア



Red Dead Redemption : Undead Nightmare / Xbox 360

なにコレ、超面白い。

素直な感想がこうでした。
もぅとにかく面白い。オススメです。



レッド・デッド・リデンプション(以下:RDR)
の追加コンテンツなんですが、
本編は気になりながらも購入していませんでした。
そしてUN発売!そしてジャケ買い!!

いや、危なかったんですが単体でも遊べる優れものです。

西部劇のオープンワールド型TPSなんですが、
超出来がいいですね。
ほんとゾンビワールドに没入出来ます。しかも映画の様なクオリティ!

※TPSはThird Person Shooterの略で
自分(操作キャラ)の姿が見え、肩越しに操作するタイプ。

街のゾンビを一掃したり、
襲われてる人を護ったり、
うろついているゾンビに縄をかけて馬で引きづり回したり・・・

いや、買うでしょう?
これはもう買うでしょう?

※大まかなゲームの内容は
本編をこちらで紹介しています。

僕はUNを先にクリアしましたが本編クリア後にもう一度最初からプレイしました。
もぅ最高。本編の知り合いいっぱい出てきます。
単体でも十分に面白過ぎましたが。

ゾンビの声や動きも秀逸な出来栄えで怖い。
しかも団体。
襲われる際のスピード感もすごいです、ハラハラ!

本編と同じくクエストやミッションで要素満載。
ストーリーやオチも文句なし。
オチ後も結構遊べます。

★★★★+0.4 / ゾンビ・フリー

もぅ褒める所しかない。
ゾンビ映画の合間にちょこちょこ遊んでいます。

とにもかくにもマスト・バイ!な一作。

YouTube / アンデッド・ナイトメア

(追記)

このゲーム、デッドアイ(上記の動画を参考に)という
敵がスローモーションに見える特殊能力があるんですが、
これがゾンビとの相性抜群。
襲いかかってくるゾンビをじっくりと観察できます。

いや、殺られますけどね。


posted by DM at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビゲーム

2011年06月15日

レフト・フォー・デッド 2



Left 4 Dead 2 / Xbox 360

現時点でのモストフェイヴァリットなゾンビゲームです。
FPS(一人称視点/自分の姿は見えない)という、筆者の超苦手だったジャンルのゲームですが
Xboxで体験版を2、3度プレイしただけで虜に。
慌てて購入しました。

ゾンビが超集団で本気で襲いかかってきます。
速い!速過ぎる!恐い!恐過ぎる!すごい大変です。
脇汗ボトボト出ます。

が、この頃から仕事で出張が多くなり、プレイできず。
オンラインでのCOOP(協力プレイ)に完全に乗り遅れました。
ただでさえFPSが初めての身で致命的だろうと思い、
しばしシングルプレイで練習していました。
これでもまぁまぁに面白いのでちまちまやっておりました。

そして1年も経たない内に満を侍して
プラチナコレクション(廉価版、安過ぎ)が発売。
ここだ!とオンラインプレイにデビューしました。
わかってはいたんですが、もうまったく別のゲームでしたね。
超衝撃です、超おもしろいです。

いざオンラインに慣れ出すと技量の違いは気になりませんでした。
協力プレイってのはいいもんだと思います。
※対戦(自分が特殊ゾンビになれる)はまだほとんど遊んでません。
協力プレイだけでいつもお腹いっぱいです。

いくつかの脱出劇がキャンペーンという単位で別れており
1プレイが約1時間で終われるのがまた気が利いてます。
忙しい中でも毎晩のように遊べます。今も週5くらい。

(以下、公式サイトより引用)------------

ゲームプレイを演出する「AI Director」が「AI Director 2.0」へとパワーアップ!
プレイヤーに合わせて敵の強さや数を調節したり、
音楽で演出するといった従来通りの機能をさらにカスタマイズし、天候や照明の変化まで演出!
ドラマチックで新鮮なプレイをお届けします。

-------------------------------------------------

この
>ドラマチックで新鮮なプレイ
というのがまったく衰えない。すごいシステムだと思います。
協力相手が変わることもあって無限の新鮮さがこのゲームのキモでしょう。

静止画では伝わらないこの興奮をYouTube動画で味見してください。

YouTube / Left 4 Dead 2

※ゲーム内ではゾンビの頭が吹っ飛んだり内蔵が出たり、
倒れているところを集団ゾンビにボコボコにされたりします。
慣れるまではグロく感じるかもしれませんのでご注意。

そして最近ではボイチャデビューもして外国の方々とも盛り上がっております。
えぇ、片言の英語とテンション高めの日本語で。

★★★★+0.5 / 脇汗びっしょり

僕もWikiを見てもっと練習して、
まだまだ楽しみたいと思います。おもしろいよ。君もおいでよ。

posted by DM at 03:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビゲーム