2013年04月17日

マンガ・オブ・ザ・デッド



作家陣 : 田島昭宇、寺田克也、ヒロモト森一、
広江礼威、沙村広明、
うぐいす祥子、鬼ノ仁、松本次郎、
島田虎之介、外薗昌也、古泉智浩、腑貌篤史

豪華作家陣を配しての力作ゾンビアンソロジー。
一通り読み終えた感想は「玉石混合」です。

個人的に主なお目当ては

死人の声をきくがよい」のひよどり祥子さん
少女ゾンビ」のヒロモト森一さん
べっちんとまんだら」の松本次郎さん

でした。
もちろん他の作家さんにも期待して購入しましたが。


うぐいす祥子さん「死体と暮らすな子供たち」

幼い姉弟が主人公の尾を引くストーリー。
魅力的な絵と独特な視点で描かれる物語は最高です。
読後は世界観から抜け出せなくなりますね。

やはり素晴らしい。大好きな作家さん。


ヒロモト森一さん「少年ゾンビ」

勢いのある展開はさすがの持ち味。
最後まで期待を裏切ることなく疾走し、
オチでも見事な爆発力を持ってきますね。面白い。
読み終わるともっと読みたくなる作家さんです。

今後の活躍に益々の期待。


松本次郎さんはイラストのみ。
しかも見開きで真ん中が窪んでいるので
なんとも微妙な気持ちになってしまいました。

少し残念。


ライフ・イズ・デッド」で有名な古泉智浩さんは
今作でも独特の間合いでゾンビ化現象を描写。
ぽかーんとした作風の中に何故かインパクトが。


巻頭の「アンドアイラブハー」寺田克也さん

少しやさぐれた思春期とゾンビ化した家族。
あけすけに描かれた主人公の心情が心地よく、
短いようでいてとても濃厚なストーリーでした。
今後追って行きたい作家さんです。


オカルト色の強い「死霊の杜」外薗昌也さん

安定感と読み応え。
魅力あるカット絵が多数で良かった。


ゾンビものアンソロジーはまず性質的に
その作品の世界観、と言いますか
設定を掴むことが大事ですよね。

ゾンビに対する周りの認識が主なところ。
その点が上手く表現されていて、
比較的わかりやすい作品が多かったと思います。

全体を通しての感想というのはなかなか難しいですが
お値段約1500円で、
個人的には十分に満足のいくコミックでした。

装丁に半透明のプラスチックカバーを着けたのも
豪華かつソフトになって良いと思います。
田島昭字さんの表紙イラストも素敵ですね。

見所はたくさんありますが、
とにもかくにも
うぐいす祥子さんのゾンビ作品が読めるのが
なによりも嬉しいです。

また次巻があるならば是非買いたいですね。
期待しています。

ブログランキング参戦中 ☆ Let's! ポチッとな ☆
 
posted by DM at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ゾンビブック
この記事へのコメント
寺田克也さんを知らない世代がいるのだな…
デカルチャー…
Posted by 名無し at 2014年07月22日 01:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65030090

この記事へのトラックバック