2013年04月09日

プラトーン・オブ・ザ・デッド



監督 : ジョン・バウカー
出演 : ジョン・バウカー、アリアナ・アルブライト 他

PLATOON OF THE DEAD / 2009 America

あの名作 "プラトーン" の名を冠するゾンビ作品。
これは下手な真似は出来ませっ… ん?

物々しいタイトル、物々しいオープニングクレジット、
そして舞台は戦場………!!!
これは期待せずにはいられませんな!


ん………

なんだこの安い映像、大根役者。
安い!安いぞ!!衣装も小道具も安いぞ!


……… オッケーだ。

と、いうわけで
別方向に期待して視聴することにいたしました。
積極的に楽しんでいくことがコツですね。(なんの)

まず、舞台は戦場ではありません。林です。
森ですらありませんね、えぇ、林です。
武器は鉄砲ではありませんね。
まさかの光線銃(プラスチック)です。
小ささもさることながら、軽そう。めっちゃ軽そう。

下手すりゃiPhoneのが重い。

まぁ、そんな些細な違和感は置いておきましょう…

展開はなかなか面白く

生き残った軍人(3人)→一軒家→女性三人

プチ合コンの始まりです。
あとはまぁ、室内で雑な緊張感を煽ってみたり
無意味な展開と諍い、アクションと会話劇。

雑です。すべてが雑です。
そしてひたすらに退屈です。うーん…

軍曹が一人で大奮闘、大活躍なわけですが、
何故か"嫌なやつ"として扱いが酷いです。気の毒。
ここの腑に落ちなさが最大の見所でしょうね。

他に見るところがないんですもの。

理解できるのは「軍人っぽいアクション」をしたい、
撮りたいという点。
しかしそれなら何故おもちゃ丸出しの銃を使うのか。

海よりも深い事情が無ければ納得がいきませんな。

ストーリーはほとんど家の中だけで展開し、
それはそれは退屈ではありますが、
後半に新展開… 新解釈というか御都合主義にて
とんでもクライマックスを迎え… るのかと思ったら
ここでまた間延びするという。

テンポってなにかね?…

出てくるメインのゾンビ達がちょっと特殊でして、
ガスマスク着用なんですね。軍人ゾンビ(雰囲気ゼロ)
そんな事もあって"ゾンビ成分"は圧倒的に足りません。
もうね、そこですよ。そこに尽きますね。

一言で言えば「どないしたいねん」です。
ベクトルがゾンビに向いていないので残念な感じ。
まぁ、、、なんかもったいない作品です。

☆見所としましては

軍曹が売ないコメディアンっぽくて良い。
彼の報われない演技を楽しみましょう。

☆総評としましては

★+0.2 / ゾンビ関係なしのC級として

雑い、安い、へちょいの三拍子。

それはそれで楽しいはずなんですが、
下手に緊張感を演出したがっているせいで
ただ疲れるだけの駄目仕上がりとなってしまいました。

これが小説だったら意外と面白いと思います。

いや、まぁ、読みませんが。

ブログランキング参戦中 ☆ Let's! ポチッとな ☆
 
posted by DM at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / C級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64703661

この記事へのトラックバック