2013年02月17日

東京ゾンビ紀行 二日目

さて、ゾンビ紀行二日目… ですが
この日は東京に降雪の予報があり、
漫画喫茶から外に出ていません。

はっはっは。
東京まで行ってなにやってんだ。

いいんです。
遊びには緩急が大事ですからね。休息ですよ。

しかし記事は書きます。えぇ。

僕はそもそも漫画本が非常に好きでして、
中でも4コマや日常系、ギャグ、ゾンビものが多いです。

今回の東京で読んでいたのは主に以下の四作品。

「鬼灯の冷徹」

地獄の沙汰もシステム化の時代。
主人公の官吏"鬼灯様"のお仕事ぶりとSっ気を堪能。
「聖おにいさん」の対抗馬的な位置、と言いますか、
とにかく非常に麗しく面白いです。

「キルミーベイベー」

4コマです。
特殊な設定での日常系(?)漫才が秀逸。
ホラーな要素が見事にギャグに混ざっていたりします。
表紙裏で「ゾンビーベイベー」なんてのもありました。

「ハチワンダイバー」

将棋漫画なんですが、超バトル系。
鼻血の出そうな興奮を味わえる傑作ですね。
「エアマスター」の作者さんです。
こちらはマキシマム ザ ホルモンのエンディング曲で
アニメが放映されていました。最高。

「ヤンデレ彼女」

有名な「病みデレ」ではなく、
「ヤンキーデレ」という一捻りなラブコメ作品。
病みデレよりもホラー要素は皆無に近いですが、
一応、幽霊さんが出てきますね。
キャラの魅力と役割分担の上手さが見事です。

他にもちらほらと読みましたが、まぁこの辺で。
今後ゾンビ要素のある非ホラー作品を
「はみだしゾンビーズ」という事でご紹介したいです。

詳しいレビューはまたいずれ。
posted by DM at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビイベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62549460

この記事へのトラックバック