2012年10月26日

片栗粉Z - ゾンビペイン(傷痕)/ 作成方法

dvs_z_making_scar01b.jpg

材料

水 : 300cc 片栗粉 : 20cc程度 食紅(赤) : 7杯 食紅(緑) : 1杯
(作成方法はゾンビスキンを参照の事)

作成した"Z"をサランラップに少量取ります。

※見た目はイチゴやラズベリーのジャムの様ですが
でんぷん味で非常に不味いです。
あまり舐めない様にご注意下さい。

dvs_z_making_scar02b.jpg

更に上からサランラップを被せ、
サンドウィッチの状態で薄く薄く伸ばしていきます。

※ラップに破れや火傷にご注意下さい。

dvs_z_making_scar03b.jpg

そのまま少し放置し、頃合いを見て
上部のラップを剥がします。
半日〜程放置し、しっかりと自然乾燥させて固めます。

※上部のラップにも付着してくる事があります。
そちらも同じ様に乾燥させましょう。

dvs_z_making_scar04b.jpg

完全に乾いたのを確認してからラップから剥がすと、
パリパリとしたセロファン状の傷跡が出来上がります。

これをゾンビスキン様"Z"を塗布した上から
貼り付けて使用します。(糊代わりにも"Z"を使う)

dvs_z_making_scar05b.jpg

黒味を強くし、片栗粉は倍の分量を混ぜたもの。
少し分厚く、硬質で尖った部分は痛いです。
こちらはなるべく肌に直接触れない様にご使用下さい。

dvs_z_making_scar06b.jpg

一度乾燥させてしまいますと、
その後の保存は容易です。
(常温、外気に触れさせて放置しましたが変化なし)

上手く形を整えて作成すれば、
ゾンビメイクならずとも
これだけでも十分にお使い頂けるはずです。

ポイントは色味を赤く残す事ですね。
僕はセロファンの様に重ねて使用する為、
重なった部分が暗くなりがちになるからです。

※下の階層が見える位に
薄く作った方が扱い(貼り付け)やすい。

これもまだまだ実験と研究が必要です。
銃創や縫い傷、裂傷、噛み痕など、
バリエーションを考えていきたいと思います。

ハート型なんかも可能かもしれません。

→「ゾンビペイン」使用例へ
→「片栗粉Z」トップ記事へ戻る
posted by DM at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビメイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59545732

この記事へのトラックバック