2012年09月07日

バタリアン 5



監督 : エロリー・エルカイェム
出演 : ピーター・コヨーテ、ジョン・キーフ 他

Return of the Living Dead:Rave To The Grave / 2006 Ukraine,Romania

前作からの正当な続編。
(らしい… 登場人物以外に意味はなさそう)
中途半端に真面目で堅苦しい駄作だった4から
なかなかに楽しめるホラー・コメディに一変しました。

前作との最大の違いは"サービス精神"でしょうか。
変に格好を付けない愉快な雰囲気が良い感じです。

ストーリーも新機軸。

あの「トライオキシン」からドラッグを作成(!)
個体、摂取量で差はあるもののゾンビを発症する者が。
ハロウィンを目前にばら撒かれ、
イベント会場は徐々にパンデミックの様相を呈する…

飲むドラッグ「Z」の登場は良いアイデアですねぇ。
発症や感染の自由度で、やりたい放題出来そうです。
その分、整合性は蔑ろになりますが、
そこはコメディの雰囲気が押しやってくれます。

まぁ、この作品の肝はコメディ感やホラー度ではなく、
"サービス精神"に尽きると思いますので。

・お約束通りのゴア表現

バタリアンの首が簡単に千切れますねぇ。
尖ったものが目とか頭に刺さりますねぇ。
拳銃で頭を貫通されまくり(結構簡単に倒せます)です。

・ナイスなコスプレ具合

チアリーダーの登場やハロゥインでの仮装で
素晴らしく良い衣装が盛り沢山です。
仮装ゾンビ、仮装犠牲者が愉快ですねぇ。

・歴代の魅力を再現

バタリアン・シリーズの名文句「ブレイーン」は健在。
後頭部噛み切りシーンをこれでもか!と繰り返し、
ついには「タールマン」まで復活しています。

タールマンは完全なコメディ要員で、
愛らしい姿を見せてくれますよ。ヒッチハイクとか。

・たぶん大予算

大勢のエキストラに大きなパーティー会場。
ひとりひとりのバタリアンメイクも丁寧ですし、
ヘリコプターまで登場します。

エキストラがボランティア参加だとしたら更に凄い。

・おっぱいがいっぱい

何故にこいつらはパーティーとなると
胸をほっぽり出すんでしょうか。基本なんでしょうか。
愛すべきバカビッチ達とドラッグ大好き男共です。

…と、まぁウリの多い作品ですね。

登場人物は前作の学生達とインターポールの二人組。
学生達は事件を引き起こし、恋人を守るのに奔走。
突然出てきた呑気で胡散臭いエージェント二人は
(コメディ要員の割には)
意外にも頼りになる活躍をしてくれます。
良い感じに安っぽくて好感が持てますよ、うん。

ほぼ全員の演技が微妙な感じなので、
逆に気にならないという良い塩梅です。ラッキー。

テンポが悪くない事とノリの良い音楽で
勢いがついているのが功を奏している様で、
放りっぱなしの伏線もまぁ… 気にはなりませんかね。

※時々、無駄な演出があるのはご愛嬌。
連続フラッシュの様な見難いシーンとかね…

初代の雰囲気をほんの少し漂わせ、
怖くはないがそこそこにゴアグロなシーンがあり、
主人公は冴えないが足りない部分は新キャラがカバー。

意外とバランスの取れた楽しい作品でしたよ。

んー、まぁ決して秀作とまでは言えないんですが、
僕は好きです、えぇ。

いや、まぁ、そこそこに… ですよ。

☆見所としましては

んー、タールマンですかねぇ。
本筋にほとんど絡んでこないという不敵さです。

あと、やっぱり衣装(仮装)ですね。
単純に見ていて楽しいので良いと思います。

☆総評としましては

★★+0.7 / この路線なら6もイケる。

くらいでしょうかね。

適度にはっちゃけた感じが気軽に楽しめます。
構えて見てしまうとこれまた駄作に思えるかも?

余裕を持ってテキトーに視聴する事をお勧めします。

ブログランキング参戦中 ☆ Let's! ポチッとな ☆
 
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58031560

この記事へのトラックバック