2012年09月05日

バッド・バイオロジー 狂った♂♀(性器)ども



監督 : フランク・ヘネンロッター
出演 : チャーリー・ダニエルソン、アンソニー・スニード 他

Bad Biology / 2008 America

ジャケット絵から
おバカエログロコメディを想像したんですが、
ブラックに満ちた真摯な作品でした。

7つのクリ○リスを持ち、歪んだ性欲を発散する女。
男を「アソコのエサ」と称し、
野生的なSEXで相手を発作的に殺してしまう事もある。

制御しきれないイチモツを持ち、
意思を持つ股間に振り回される男。
性欲を満足させる事も出来ずに薬漬けになっている。

物語は女の独白調で始まり、
彼女の置かれた特殊な性的体質と環境を徐々に理解。
歪んだ性活は心を蝕んでいくんだなぁ… とか。

一方、男は悶々と日々を過ごす。
薬の副作用と欲求不満で鬱状態が続き、
真面目な性格が人を拒絶する事へと繋がっている様子。

全体的に、この二人の"苦悩"が描かれていて、
哲学的、社会派とさえ言える真面目な仕上がりです。
画的には間抜けな風合いの部分もありますが、
笑えない複雑な心境。
ここまでは泥沼のような重苦しい雰囲気です。

そして後半に二人は出会う。

そしてどっこい、
ここから驚異の展開が巻き起こります。
イチモツがアレしてアレする超B級な絵面へ…

怪奇エロコメディになりそうでならない
絶妙な空気感です。いや、素晴らしい。
ここからのクライマックスが愉快かつ不安でいっぱい。
ネタバレも出来ないので、是非、観て頂きたいですね。
まぁ、馬鹿エロくて面白いですよ。
眉はしかめてしまいますが。

エロもグロもあまりどぎつくはなく、
異形の赤ちゃんなんかはCG感丸出しの安心設計です。
(ショックを受ける人も少なくはないと思いますが)

あまり多くを語れない必殺の作品で、
合わない人にはトコトン駄目な不条理なものに
思えるかもしれません。
しかし… 全編を通して苦悩とやるせなさに満ちた
かなりの秀作だと思います。

恋人同士で観ると意外と
愛が深まったりするかもしれませんねぇ。
んー、どうでしょう。

☆見所としましては

チン○ンの動きとか立ち居振る舞いでしょうか。
床とか壁とか突き破って襲いに来ますよ。

個人的には…
薬の売人宅に居たジャンキー女が良かった。
罵声を吐きまくる迫真の演技に、
彼女の探している「ジミージグ」が超気になります。

☆総評としましては

★★★+0.2 / 真面目になんじゃこりゃぁ。

で、ございます。

前半は重く、後半はとんでもない。
だけど全体的には実に纏まっているという…
監督さんの技量の高さが伺える気がします。

性欲に振り回される主人公二人の様に、
見ているこちらも思うツボに呆気にとられますねぇ。

いや、素晴らしい完成度。…なのかどうなのか。

最後の最後にあんなオチが…
いやぁ、とことん。もぅね、とことんですね。

決してお勧めはしませんが、
一度は観ておいて損はな… ないとも言い難いですが、
とても面白かったです。
どこもかしこも構図が上手い。

記憶に残る唯一無二の秀作。

しかし喘ぎ声の多い映画だ…

ブログランキング参戦中 ☆ Let's! ポチッとな ☆
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57831419

この記事へのトラックバック