2012年08月27日

ゾンビ・ナース



監督 : マイケル・ハースト
出演 : クリスティーン・テイラー、クロエ・モレッツ 他

Room 6 / 2006 America

えー、まず最初に、あまりゾンビ作品ではありません。
タイトルやジャケットには期待させられますが、
基本的には悪魔(?)や亡霊(?)、モンスター(?)が中心の
一人パニック系悪夢的ホラーといったところです。

冒頭はシチュエーション・スリラーっぽい
手術シーンから始まりまして、主役のヒロイン登場。
このヒロインの謎に満ちた境遇と幻覚(?)を
追って物語はじっくりと展開していきます。

-あらすじっぽいもの-

自動車で衝突事故を起こし、
互いの恋人と妹が救急車で運ばれた後に行方不明。
搬送された病院の所在を探す二人の前に現れては消える
異形のモンスター。
これは果たして現実なのか?それとも…

劇中の言葉を流用して"モンスター"としましたが、
普通の人の顔がフラッシュバックの様に
一瞬(結構長い)ゾンビ顔になる感じですね。
襲ってきたりもしますが、
実際にはなにも起こっていない、みたいな。

そんな展開と同時に、
搬送された恋人の入院状況が挿入されまして、
こちらの方が見応えがありますね。
邦題のナースさんもグイグイ登場していますし、
不穏な状況に身を置いている感がなかなか良いです。

まぁ、そんな不穏な雰囲気だけは漂わせつつ、
実にゆっくりと確信に迫る… 様な迫らない様な。

うーん、
全体的に平均点以上の出来だとは思うんですが、
すべての要素に何かが足りない。
脚本に無理があるのか、構成が悪いのか…
大事なところほど説得力に欠けるんですよ。
残念ながら。

ちょっとグダグダな夢を見ている気持ちになりますね。
オチまでいくと、それも納得出来る気がしなくもない
かもしれないけれどもどうしたもんだろう。

ってな具合です。一言で言うなら

「腑に落ちない」

これですね。
納得いかない、手は打てない。

ただ、
ヒロインが辿り着いてからのクライマックスも含め、
病院パートは結構面白いです。
こちらを中心に展開してくれていたら…

見せ場のほとんどが病院なんですよねぇ。
ヒロインの方の描写が退屈に思えてしまうわけでして。

うーん。

特殊メイクは上手いんですが、造形が少し古いかも。
同じく、演技と演出、音楽までもがなんとなく古い。
そして「古き良きホラー」になるには
怪奇感や迫力が絶対的に足りない気がします。

唯一迫力があったのは、
婦長さんっぽいおばさんナースですね。
立ち居振る舞いと表情が怖い。
もっと活躍して欲しかったなぁ…。存在感グッド。

すごく良い要素もたくさんあるんですが、
それを無駄に捨ててしまっていて、
ヒロインのパートを助長してしまった、と。
少し勿体無さを感じさせる仕上がり具合でした。

んー、もったいない。
悪くない。悪くはないんですよー。

☆見所としましては

クライマックスでは大勢の"ゾンビっぽい人達"も
登場しますので、そこでしょうか。うち的には。

あとは、今をときめくクロエ・モレッツが
幼いわりには大人びた演技を見せてくれます。
まぁ、いいとこ取りのチョイ役ですが。

☆総評としましては

★★+0.5 / 設定が悪い!

と、相成りました。
うん、設定。まずは設定ですね。

"オチありき"で話が構成されていますので、
不可解さが退屈へと繋がってしまいます。
このオチを変えていれば、
全体がもっともっと良くなったのでは。惜しい。

一番のマイナスポイントは
大事なシーンに感じる手抜き感です。
じっくりと描写している中で、フッと冷めてしまう。
これでは緊迫感は持続しませんね。

まぁ、でも…
オカルト・シチュエーション・ホラーとして
ポイントは押さえた作りだったと思います。

誰だ、この邦題を付けたのは。
(大人の事情でしょうねぇ)

※決してゾンビ作品ではないのですが、
便宜上、B級ゾンビ作品として分類させて頂きます。
posted by DM at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57817966

この記事へのトラックバック