2012年07月28日

レイプゾンビ



監督 : 友松直之
出演 : 小沢アリス、亜紗美、あいかわ優衣、小林さや 他

レイプゾンビ LUST OF THE DEAD / 2012 Japan

えー、まず、過度な期待は禁物です。
いろんな事情が見え隠れする深夜向けエロドラマ。

うーん…

C級の無茶な設定の場合、
話にある程度の説得力(誤魔化し)を持たせるか、
逆にもっとぶっ飛んだものにした方が良いかも?
どうにも中途半端な気がしますねぇ。
いや、ぶっ飛んではいるんですが、
エロ主体ってそういった要素を隠しちゃいますよね。

要はゾンビ化したついでに性衝動の塊になった
"毒男"くん達と
4人のコスプレ女性陣がワイワイするお話。
大筋は下ネタとエロシーンに終始し、
犯してナンボ、犯されてナンボの大根芝居です。

※僕は強姦、暴行といった要素が非常に苦手でして、
そもそもこの作品を見るのには向いていません。

で、なにが一番の問題かというとですね、
「ゾンビじゃなくてもいいんじゃ?」って事です。
おかげでゾンビらしさがほとんどありません。
そこですね。そこがゾンビ押しの
当ブログとしましては最大のマイナスポイントです。

とりあえず人肉を食べない。
ゾンビからゾンビへの感染もない。(自然発症します)
それはもはやゾンビじゃない。
と、感じてしまうわけですよ。
ただ、ゾンビの設定を無くしてしまうと
普通(?)の集団レイプ魔になってしまいますし、
ゾンビ色を強くしてしまうとお色気ビデオとしての
お手軽さや魅力が邪魔されてしまうわけでして。

うーん、これは難しい。

クライマックスでは意外と様になっている殺陣と
新次元のオチが用意されていますので、
そこだけ楽しんでもいいかもしれません。
全編こんな感じでおっぱいどーん!だったら
かなり面白そうですね。いや、個人的に。

んー、おそらくは低予算(でもかなりかかってそう)と
お急ぎスケジュールの中で健闘されていますが、
やはり日本でゾンビを題材にした実写は難易度が高い。

この作品に関しましては、まず"レイプ"ありき。
それを似非ゾンビで味付けしたと。
まぁ、そんな印象ですねぇ。
それがちょっと残念でした。
これが反対だったら…
なかなかに興味をそそられるかもしれません。

…いや、やっぱりレイプは嫌いですがね。
もしかすると全て的外れで、
僕がこの作品のターゲットじゃないだけかも。

予算、演技、設定、商業的な事情でちょっと苦しそう。
そんな雰囲気の漂う作品だと感じました。

☆見所としましては

とりあえず、ち○こま○こ金○中○し
そんな下セリフで女性陣が頑張っております。
演技がダイコンでも存在には魅力がありますし。

☆総評としましては

★+0.6 / にんともかんとも。

ゾンビ要素の薄さ。それが全てです。

ゾンビ好きの方には毛嫌いされそうな仕上がりですが、
ゾンビと全く関わりのない…
例えば普通の高校生や中学生が深夜に見てしまうと
思い出に残る作品かもしれません。思春期的な意味で。

個人的にひとつ。

やっぱり邦画で超設定のエロドラマといえば
くノ一忍者の時代劇に限りますねぇ。

そんな事を思いました。まる。
posted by DM at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / C級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57280560

この記事へのトラックバック