2012年07月26日

ヴァンパイア・ストリッパー



監督 : ブライアン・トムソン
出演 : トリーナ・アナリー、モニーク・ドュプリー 他

BACHELOR PARTY IN THE BUNGALOW OF THE DAMNED / 2008 America

煙に次々と浮び上がる裸体のシルエット。
なかなかにお洒落なエロスに釘付けですね。
良いオープニングです。

まぁ、本編が始まってすぐにガックリきますが。

襲われモノのチープな作品に定番の設定。
なんとなく冴えない男達が別荘でパーティー、
そこにセクシー(?)な美女(?)の集団(?)が…
みたいな。

で、まぁダラダラと展開するんですが、
お色気シーンの色気の無さがまずスゴい。
殺戮シーンの"なんじゃこりゃ感"がまたスゴい。
そして音楽がこれまたヒドい。

いや、コメディなのかマジなのか…
よくわからなくて笑えませんよ。

役者さん達は憎めない雰囲気はありますね。
主演(?)の男性はそこそこ堂に入った
リーズナブルでナチュナルな演技。
女性陣には迫力があって良いです。
うん、そのままの意味です。強そう。

いや…
なんとか褒めようと思って言ってみましたが、
まぁ、べつにアレですね… 演出がダメ過ぎる。

終盤ではなかなかのトンデモ展開と、
突飛なアイデアが盛り込まれていますので、
楽しむとしたらソコですね。

最後がまた、どうしようもないんだ(笑)
いや、悪くない終わり方でしたが、
二度は見れないでしょうねぇ。
長い。面白くないのに長い。
意外と手間暇はかかっていそうですが…

うーん。

「そこはもうちょっと頑張れよ」ってな具合の
非常に力を抜いて作られた作品でした。

☆見所としましては

酷い展開を楽しみましょう。

他は特にないですが、
クリーチャーを気持ち悪く見せようという
"キモさ頑張り"はちょっとありました。

☆総評としましては

★+0.7 / C級としては良く出来てる。

オープニングがワクワクのピークでした。

うーん、本編はちょっとスベリまくり。
あと、音楽と玄関のチャイムの音がイラつく。
最後のオフショットも何故かイラつく。

楽しめたか?と聞かれると…
ちょっとお答え出来ませんね。えぇ。

うーん。うーん。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57217304

この記事へのトラックバック