2012年07月14日

キツツキと雨



監督 : 沖田修一
出演 : 役所広司、小栗 旬、古館寛治 他

キツツキと雨 / 2011 Japan

大好きな役所広司さんのゾンビ姿が見れる、
という事でニヤニヤしながら観賞しました。

いわゆるハートフル・ヒューマン・コメディで、
無骨でお人好し気味の木こり"克彦さん"と
内向的でプレッシャーに弱い新人監督"幸一くん"の
アンバランスな交流と成長が描かれています。

ゾンビ映画で田舎の村に訪れた撮影隊、
小さなきっかけで出会った二人。
上手く進まない撮影と噛み合わない会話、
協力するうちに段々と近づく心の距離。
やがては村中を巻き込んだ
楽しくも痛快な撮影劇へと展開していきます。

心の機微が非常に丁寧、かつ大胆に描かれていて、
ジワジワと迫る笑いと感動がとても心地良かった。
また、撮影するものが"ゾンビ映画"という事で、
シュールな画面にクスッとさせられました。
これはこの作品に間違いなく必要な要素だな、と。

映画の撮影風景を作品にするというのは
実に面白いですよね。
実際に作り手の方々はどう見るのでしょうか?
んー、興味深いですね。

そして素晴らしいのは
コメディ部分が控えめな表現であること。
そのくせ計算高く、巧みな画作りが印象深い。
スッと心が緩んで入り込まれてしまいましたね。
いや、お見事です。とても楽しく笑えますよ。

役者陣は「さすが」の一言。
主演の二人は言わずもがな、ですし
名脇役にナイスなエキストラの方々。
一体感の勝利でしょうか。
役所さんと小栗くんの「可愛さ」みたいなものが
非常に上手く出ていましたねぇ。

心がほっこり。
楽しく、面白く、笑顔になれる素敵な物語。

☆見所としましては

当ブログ的にはやはりゾンビでしょうか。
本物(?)のゾンビは一体も出ないわけですが、
"ゾンビに扮する人々"の楽しそうな事。

きっと貴方もゾンビをやりたくなりますよー。

☆総評としましては

★★★+0.2 / ほんとはもっと高評価です。

まぁ、ゾンビ映画ではないわけで。
うちとしましては控えめにさせて頂きました。
ただ、妙にゾンビ愛を感じますし、
ゾンビ映画好きの方には是非ともとお勧めです。

※タグにも"ゾンビ"を入れさせていただきました。
最大限の敬意でございますー。

モヤモヤの溜まる前半、中盤のドキドキ。
そして繋がる後半のワクワク感。
王道の構成を見事な手腕で描き切っています。

日本映画の良さ、侘び寂びのあるシーンの連続。
グッと心に届く、とても良い作品でした。

※関連商品(映画内ゾンビ映画の脚本など)が
気になるので、フォローしていきたいと思います。



YouTube - キツツキと雨 予告編
posted by DM at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / A級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57035765

この記事へのトラックバック