2012年07月11日

ゾンビアンソロジーコミック



作家陣 : 道満晴明、川那辺雅弘、玖倉しいち、百福、浜田ぢゅんいち、鐶九朗、みずのもと、三星めがね

ZOMBIE ANTHOLOGY COMIC

道満さんの名前と表紙につられて購入しましたが、
そもそも、ゾンビのアンソロジーコミックが
出版されるというのは、うん、なかなかに。
ゾンビの人気もここまできたか… と。

道満晴明さんはさすがの個性と空気感。
緩いようでいて何処かせつなく、
飄々と明るい様な、重い様な、オチまで
上手く纏まった期待通りの完成度でした。
甘酸っぱい青春とそこに刺す強い毒素。
どっこい、最後はクスっと終わります。

他に気になったのは川那辺雅弘さんで、
明るく可愛い絵柄に時代劇(戦国)の設定。
素直に笑えるシンプルさが良かったです。
時代劇とか鎧とゾンビって好相性ですよねー。

ギャグ漫画チックに描いているのはこの御二方で、
他の方々はシリアスで重苦しい雰囲気の作品。
ただ、あまりゾンビ達に存在感が無く、
"ゾンビ"を題材にしただけ、と感じてしまいました。

随一の長編を描かれた百福さん。
脚本としては光るものがあり、
実写やアニメになると面白いかもしれませんね。
※序盤でオチが予測出来てしまったので、
その部分を上手く誤魔化せればなぁと思います。

んー、全て読み終えまして、
あまり読み応えはなかったですかねぇ。

ゾンビを題材にするとなると、
世界観の統一みたいなものが必要かも。
んー、つまりは
ゾンビものは短編アンソロジーには向かない。

そんな事を思いました。

いや、しかし。
やはり道満さんは素晴らしい。好きです。
posted by DM at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56975146

この記事へのトラックバック