2012年07月06日

ゾンビ大陸 アフリカン



監督 : フォード・ブラザーズ
出演 : ロブ・フリーマン、プリンス・デビット・オセイア 他

THE DEAD / 2010 UK

意外や意外。
ゾンビ史上初というアフリカを舞台にした
大陸のスケール感溢れる作品。

美しく壮大なアフリカ大陸の風景に映える
骨張った漆黒のアフリカン・ゾンビ!
控えめなメイクでしたが個々に迫力があり、
「死者の負のエネルギー」の様なものを感じました。

うーん、素晴らしい存在感だ。

物語冒頭で砂漠を背景に最初のゾンビが登場。
右脚が壊れていて、その骨の音が良い!
ここでの一悶着を見て期待感は急上昇。
クオリティの高さが垣間見えました。

場面は変わって飛行機内と小さな村での惨状、
ゾンビ・ハザードが始まります。

※ゾンビはノロノロぼんやりの食欲タイプで
個体での脅威は少ないながら、
数としつこさで迫ってくるジックリとした攻め。

そして物語は展開し、
青い目の白人オジサマと、村を襲われ
行方不明になった息子を探す黒人兵士が出会います。
物資を求め、村から村へと渡るロードムービーへ。

広大なアフリカ大陸でもゾンビの数は多く、
油断しているとすぐに囲まれてしまいそうですね。

ロケーションがとても良い。
強く美しい陽射しに赤い土、真っ暗な夜。
背の高い植物の隙間から現れるゾンビ。
朝焼けや夕焼け。血や炎。
うん、この作品は本当に色が美しい。

ゴアやグロ表現はなかなかに凄まじく、
かつ、素晴らしいハイクオリティ。
顔面に大穴や車で頭をグシャっとするシーンも。
苦手な方は顔を背けるシーンが数多くあります。

全体的には、
ストーリーが重く、実に硬派な展開をしながらも
壮大なアフリカの大地がゆったりとした…
どこかのんびり出来る様な終末観を持たせてくれます。
この雰囲気を味わえるだけでも、
この作品は大成功だと言えると思います。

細かな粗も見当たりはしますが、
本当に硬派で完成度の高い傑作ですね。

☆見所としましては

アフリカ大陸の壮大なスケール感と
ゾンビ一体一体の存在感!
近年のゾンビ作品はゾンビの個体が
あまり迫力を持たないと嘆いている方にお勧めです。

☆総評としましては

★★★+0.8 / 救いは潰えるが希望は残る。

と、なりました。
これは心に残るゾンビ作品ですよ。

キーワードは「存在感」ですね。
ゾンビの個体もそうなんですが、
風景やセリフにも感慨深いものを得られました。

"心に残る"というよりも"心に写り込む"
と言った方がしっくりくるかもしれません。

いやぁ、お見事。
結構、お腹いっぱいになる作品なので、
次はまた何年後かに見たいと思います。



YouTube - ゾンビ大陸 アフリカン 予告編
posted by DM at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56902545

この記事へのトラックバック