2012年04月27日

アイス・オブ・ザ・デッド



監督 : ジェイソン・ロバート・スティーヴンス
出演 : ジェイムズ・カイソン・リー 他

Blood Snow / 2009 America

吹雪の山小屋、軟禁状態での錯乱もの。
タイトルとジャケットでゾンビ作品かと思いましたが、
残念ながらゾンビっぽい描写がほんのチョットある、
というくらいのシチュエーション・スリラー。

前半は三組のカップルの関係性を表そうと、
まぁ、いわゆるひとつの頑張ってます。
前振りとしてはかなり長く、
なかなか本筋は始まってくれません。
ただ、この部分はそこそこにテンポが良く、
役者さんたちに魅力があるおかげで場持ちはします。
お色気もチラホラ。

後半へのフリとして
"悪夢を見て目を覚ます"がしつこくあるんですが、
映像の作りがちょっと残念なセンスで、
中途半端な煽りになってしまった気がします。
悪夢は悪夢、現実は現実と
はっきりとした区別をつけたかった。
この部分が邪魔をしてしまって
クライマックスに向かっても恐怖感が感じにくく、
犠牲者が出ても「フーン」程度の
感想になってしまいました。

映像と音楽はどうにもチープ、というか
あまりセンスがよろしくない。
映像に説得力がなかったり、
音楽が場に合っていなかったりと、
ここでも雰囲気を盛り下げてしまいます。

そして後半は説得力の崩壊と共にテンポがガタ落ちし、
前フリ部分の方が楽しめたと思わせるガッカリ感。
ゾンビ分としては、
実体くさいゴースト(幻覚?)や、人喰いの伝説話として
登場するのが精一杯。

役者さん達は本当に魅力的で、
上手い演技と色気のある風貌で楽しませてくれます。
舞台設定も良く、カップルの会話も悪くない。
それだけに、
方向性の定まっていない様なストーリーが残念です。

悪霊に悩まされて、徐々に精神が崩壊していく、
というのは実に王道で楽しい展開のはずなんですが、
あらゆる魅力を自ら壊してしまっていますねぇ。

どうしたかったんだ。
なんだかもったいないなぁ。役者さんたちが。

☆見所としましては

男性陣も女性陣も華があります。
ただ、一番印象に残っているのは、本筋に
全く関わりのないおっぱい要因のお姉さんでした。
この人の裸ゾンビが見たかったなぁ。
セクシー。

☆総評としましては

★★ / もう少し狙いを絞ったほうが良い。

な、感じでした。
どうにもフワッとした雑さが出てしまい、
残念ながら物語には入り込めませんでした。

メインゴーストっぽい人の
ゾンビメイクは可愛くて良かったです。
ちょっとわざとらしいですが。

うーん。
雪山と血って相性が良いと思うんですが、
その辺もほとんど有効ではなかったですね。
似非ゾンビがチラッと出てくる
サイコ・スリラーっぽい雪山もの。



YouTube - アイス・オブ・ザ・デッド 予告編
posted by DM at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55536564

この記事へのトラックバック