2011年12月31日

Zombies feat. 南瓜金助

feat_01.jpg

ゾンビ仲間として、なにかとお世話になっている
カボチャスキさんこと"南瓜金助"氏の特集をば。

ゾンビを"主役"とした漫画、イラストとしては、
非常にコミカルで親しみやすく、愛嬌のある作風。
氏の自画像からも見て取れる「とぼけた可愛さ」が
ゾンビ好きの心をグッとさせてくれますね。
いわゆる"キャラ萌え"に属すると思うのですが、
この要素は、これからの日本ゾンビ界躍進!
その主軸ともなり得るのではないでしょうか。

feat_03s.jpg

百聞は・・・と、いうことで
ブログ「ゾンビと歩く。」で公開されている漫画
「すろ〜ぺ〜す・ぞんび君」を転載させて頂きました。
(※画像クリックで拡大表示。左→右と読みます)
現在は第4話まで公開されています。

feat_02.jpg

ブログではゾンビ系を中心に
ホラー・SF等、大量の映画レビューあり。
特にゾンビものは多種に渡り、
メジャーどころからマニアックなものまで。
その思考(受け止め方)の柔軟さと
映画やゾンビへの愛情を感じるレビューは、
非常に読みやすくも参考になります。
(ネタバレ部分は文字色を変えて隠す心配り)

同じ作品のレビューでも
僕とは少し違う感想を、時に率直に書かれていて、
興味深くも、実に楽しいですね。

feat_04.jpg

商業活動に関する情報もあります。
まずは下記の四冊を購入してみました。

基本的には、芸能・テレビ業界のゴシップ記事の
漫画化ですが、

まんがTV放送禁止&放送事故危ない真相 完全版 危険映像大流出SP

では、南瓜氏のオリジナル色が隆々と(笑)

内容としましては
特定の人気作品がDVD(商品)化されない理由を
セル・レンタルショップの店員が客に語る。
と、いうもの。

まず、この店名が「ゾンビビデオ」です。
そして店員はゾンビ(笑)

feat_05.jpg

上記のイラストは、氏のブログ用に
1ページ漫画として改変されたものですが、
本誌では数ページに渡ってゾンビ店員がイキイキと
裏事情を語ってくれます。
強引なゾンビ態挿入かとも思いましたが、
実にしっくりと、うまくまとまっていました。
ゾンビファン、南瓜ファンとしても必携の一冊ですね。

まんがテレビが隠したやりすぎバラエティの真相

まんが科学が徹底解明!超常現象&ミステリー事件の謎

まんが豪快!仰天!破天荒!有名人ブッ飛びマル秘伝説

他の三冊にも、時折、ゾンビっぽいカットがありました。
隙あらば・・・と、いうことでしょうか(笑)
芸能人や映画俳優の似顔絵なんかも、
確実に実践を積んでいらっしゃいますね。

現在も、同系統の廉価版コミックにて
作画を担当されている模様です。
(詳しくはこちら)

買いましょう、買わねばなるまい。

cotd_paper_01_02.jpg

そんな南瓜氏が、
のびのびとゾンビ態を描いているのがこちら。
ゾンビカフェ委員会さまの「Cafe of the Dead」です。
(PDFでの無料配布あり)

ver2.0では表紙と1ページ漫画、
「死霊のももひき」が掲載されています。
素晴らしいタイトルですね(笑)
ブログにて表紙イラストも拝見できますが、
これが実に見事な出来栄えで、
特に眼と口が良いなぁ、と感心しきりです。
"燃え"と"萌え"の中間の様な、
不思議な高揚感を感じました。最高ですね。

DM._As.jpgDM._Bs.jpg

当ブログでは・・・

DMの似顔絵を描いて頂きました。
僕はこんなに男前なゾンビではないですが、
TwitterやFacebook、
その他のアイコンにさせて頂いています。
この顔のおかげで、本当に楽しく
ゾンビ界を満喫しております。多謝、多謝。

zom_banner_a1.jpg

zom_banner_b1.jpg

バナーも作って頂きました。
「迫力」の上と「脱力」の下。
両イラストとも"手"がポイントですね。

実はトップの絵も描いて頂こうと思ったのですが、
全てのイラストをお任せしてしまうと
ここが誰のブログだかわからなくなるなぁ・・・と(笑)

nougamaru.jpgkawanashi.jpg

ゾンビと歩く。」のマスコット的キャラクター。
ノウガマルミエちゃんとカワナシノカオくん。

イラスト、漫画の他にゾンビ小説もあり、
着実にゾンビ作家の道を歩んでらっしゃいますね。

別ブログとして"朔下福朗"名義の
奇怪漫画制作部 朔下倉庫」も。
ホラー・ギャグな可愛い漫画を中心に掲載されています。
完成度の高さにニヤリ。
涙腺の弛んでしまう作品もありました。
「ミイくんの丈夫なほうたい」
是非とも絵本化を。

氏の作品の根幹にあるものは、
一言に言って「愛嬌」
ひいては、サービス精神だと思います。
他の要素にも非常に魅力を感じますが、
あまり多くを語るのは野暮というものですね。

walk_with_zombie.jpg

これからも、ゾンビだけに限らず、
ご自分の好きな題材を作品にしていって下さい。

心よりの期待と感謝を込めて。

Special Thanks! ・・・ 似顔絵
Special Thanks! ・・・ バナー第一弾!!
Special Thanks! ・・・ バナー第二弾!!

2011.12.31 / ZoMVisH : DM
posted by DM at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌
この記事へのコメント
お世話になりました。
取り上げて頂きまして有り難う御座居ます。
おかげさまで楽しい創作活動をさせて頂き
こちらこそ感謝致しております。
この勢いで来年も創作ゾンビ活動に彩りを
与えていければよいなぁと思います。
来年も宜しくお願い致します。
Posted by カボチャスキ at 2011年12月31日 20:52
本年は大変お世話になりました。
来年には早々にお会い出来ればなぁと
楽しみにしております。

来年もゾンビって参りましょう!
良いお年をー。
Posted by DM at 2011年12月31日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52378889

この記事へのトラックバック