2011年11月29日

遺体安置室 -死霊のめざめ-



監督 : トビー・フーパー
出演 : ダン・バード、ステファニー・パットン 他

Mourtuary / 2005 America

トビー・フーパーといえば
「悪魔のいけにえ」「ポルターガイスト」の
大物有名監督。なわけですが、
確かに、その"名残り"は見えますねぇ。
歴代のホラー要素を詰め込もうとした
非常にカオス・・・、チャンプルーな作品。

-あらすじ-

寂れた町に引っ越してきた良心的な一家。
墓に囲まれたボロ屋で母親は"葬儀屋"を営むが
その土地には怪奇な伝説が残されており・・・

が、まぁ大まかな土台になっていまして、
"伝説の殺人鬼"的な前フリが
"土地に巣食う悪魔"的な展開をしていく、と。

前半はかなり丁寧な作りで、悪く言えば長い。
雰囲気作りはしっかりと出来たと思うので、
後半で一気に盛り上がる、はず。
そしていよいよ・・・

ドーーーンッ!

いや、弱いよ!
ドーンが弱いよ?恐くないよ?

なんだか、ずいぶんと遠慮してますねぇ。
せっかくの前フリがイマイチ効きませんでした。
うーん、もったいない。
ここからがもっと残酷で衝撃的だったら・・・
傑作になっていたかも。

んー、予算や商業的な理由かも知れませんね。

ホラー要素は盛り沢山で、
殺人鬼(?)、悪魔憑き(?)、クリーチャー(?)
墓地、洞窟、怪奇の?館?みたいな?
そしてゾンビ!(?)
と、まぁ、欲張りですね。

いやいや、まとまってないよ。
なんかもぅ、どれ見ていいのかがわかり辛い。
主軸がないですよ、主軸が。

要素のそれぞれは実にスタンダードで古典的。
目新しくはないが、好感が持てます。
音楽の使い方もワンパターンで単純だけど上手い。
その辺は「さすが」と言いたいですね。

出演者は、みなさん好演をされていて、
安っぽさを感じさせない素晴らしい演技。
そこがまた、物語のチープさと剥離していて・・・
実にもったいないですね。
いや、これはB級好きの意見ですよ。
作品の格は確実に上がっていると思います。

吹き替えで見ると、
また違った味わい(B級感)がありました。
女の子役で釘宮理恵さんが出演されていて、
意外な感じがしましたね。
好きな声優さんなので
ちょっと嬉しかったりもしました。うんうん。

全体的にはわやくちゃで、バタバタした作品ですが、
雰囲気は良く、お手軽なホラーとしては
十分な及第点じゃないでしょうか。
グロさもほとんどないし、子供向けかも知れません。

ただ・・・、ラストシーンは蛇足ですねぇ。

☆見所としましては

憑かれて正気を失った人物が
同じセリフを繰り返すシーンなんか好きですね。
とにかく役者さんたちは好演しています。

☆総評としましては

★★+0.6 / 実に惜しいが纏まり切っていない。

そんな感じですかね。嫌いじゃないです。
でも、なんだかしっくりこない。
クライマックスで急に三流っぽくなるのは好きです。

追記

"葬儀屋"といっても、
死体を修繕・清掃するお仕事の様です。
自宅に遺体安置室があるとは、
これはなかなかワクワクなシチュですよね。

嫌だなぁ(笑)



YouTube / Mortuary Trailer
posted by DM at 10:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級
この記事へのコメント
あぁー見たかった映画が軒並みにレビューされとるではないか〜(*>ω<*)
ふむ。とりあえず微妙ということが分かった(笑)。
同系のタイトルで「安置所〜動く死体(?)」みたいなのあったんだけど、そっちも気になるところです(笑)
Posted by sky at 2011年12月03日 22:16
微妙でしたねぇ。
似たタイトルのソレ、
もし見たら教えて下さいね。
Posted by DM at 2011年12月04日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51118261

この記事へのトラックバック