2011年10月30日

ゾンビハンター2022



監督 : ジョー・デイヴィソン
出演 : ロット・グラント、レイニー・ブラウン 他

EXPERIMENT 7 / 2009 America

冒頭から三文芝居を見せつけられ、
その後は「28日後...」をさらっとパクった酷い有様。
この雰囲気は・・・

そうだ!J.V.D.だ!

と、(ある意味)期待したんですが違いました。
なんだ。

ジャケット詐欺にも悪気がありますが、
内容は意外とがんばった感があります。
いや、酷いんですけどね。

なにが?なんで?
だから?バカなの?

そんな疑問符が頭の中を行ったり来たりしますね。
ストーリーは別にどうでもいいんですが、
その三文芝居をなんとかして下さい。
それらしいセリフ、それっぽいシーンで・・・
いや、誤魔化せてませんよ。
薄い、こりゃぁ薄っぺらいぜ!

ゾンビも昨今流行りのダッシュ系なんでしょうが、
ゾンビストラの能力と撮影技術が追いついていません。
冒頭で主人公(?)の後を着いて来た時は
顔や服の汚れた変質者集団かと思いました。

ストーリーは、まぁ・・・、特に無いんですが、

放射能汚染でゾンビ化した人達がいっぱいだ。
人類の大半は死に絶えたかもしんない。
水は汚染されてて駄目だ〜。
研究所で研究を研究だ!
周りはゾンビだらけだぞ!バタバタ。

って、感じでしょうか。

とりあえず、ゾンビ描写が悪過ぎてちょっと。
やたらとゾンビをぶん殴ったり、逆にゾンビに
殴られたりする、お門違いのアクションが多々。

うーん、パクり以外のなにがしたいのかワカラン。
そんな退屈な作品でした。

☆見所としましては

ないよ、そんなもん。
と、まぁ言いたいんですが。1シーンだけ。

倒したゾンビが画面の端で寝転んでいるんですが、
ちょっとおデブなせいか
お腹の上下具合が超目立ちます。
「息し過ぎじゃないか?」と。
ここは笑ってしまいましたね。愛嬌があった

くそぅ。

☆総評としましては

★★ / なんて半端な。

だぁーめぇーだ♩ ダーメだ こりゃぁー♩

なんか、そんな感じの残念な作品でした。
もう少し褒める所を見つけたかったなぁ。
あ、でも、
クライマックスでのゾンビとの肉弾戦は
意外と・・・、結構盛り上がりましたね。
しかし、色々パクってるのは構わないんですが、
音楽で諸々誤魔化そうとしているのが気に食わん。

J.V.D.のショボさが潔く思えてしまいましたとさ。

※J.V.D. ・・・
確信犯的に駄作を連発するビデオメーカー。
いや、実は悪さを自覚しているのかもしれない。
そのブレない姿勢に根強いファンも多い
・・・かもしれないがそうでもないかもしれない。



YouTube / Experiment 7 Trailer
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / C級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49518080

この記事へのトラックバック