2011年10月29日

セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド



監督 : ミゲル・マルティ
出演 : マカレナ・ゴメス、セサール・カミーノ 他

Sexykiller, morirás por ella / 2008 Spain

傑作がやって参りました。
お色気バカサスペンスを期待して借りてきたこの作品が
まさかの大当たり。
まさかの、極上エンターテイメントでした。

主役が殺人鬼兼スーパーヒロインという事以外は
あまりネタバレしたくない。
というか、解説が難しいというかなんというか。
観てから驚いて欲しいので内緒にしておきましょうね。

話の本筋はしっかりしていてブレはなく、
素晴らしくアッパーなテンポと情熱的なテンションで
全く退屈する暇もなく、
最初から最後まで嬉々として観ていられました。

監督はミゲル・マルティ。
凄いですねぇ、天才的ですねぇ。
映画が大好きな人だと思うんですが、
そこかしこに名作のオマージュ、というか
まんまセリフに出てきちゃうという好きっぷり。
いろんなジャンルの映画要素を
恐ろしいセンスでミクスチャーしまくった印象の本作。
目まぐるしく変わる演出術も破綻する事なく、
ほぼ完璧な仕上がりを貫いたんじゃないでしょうか。

適度なお色気シーンもこの作品には極上のスパイスに。
音楽がまた最高なんだなぁ、これが。

全編を通して大事なのは、ヒロイン(主役)が
いわゆるシリアルキラーである事、くらいでしょうか。
小悪魔的魅力の殺人鬼とは、こりゃ参りましたね。
愛嬌も強さも狂気も美しさもあるという。

他の作品構成要素も一つ一つのレベルが非常に高くて
テンポ良く、テンション強く、笑えて、痛そうで、
やるせなくて、爽快で、ラヴで、可愛くて、恐い。

おぉ、褒め過ぎてない。

いや、多くは語るまい。是非ともご覧下さい。
全ての映画はここにある!と言いたくなるほどの傑作。
実際にはそんな事はないんですが・・・
僕のテンションは上がりました。

☆見所としましては

吹っ切れた演出の数々。
"真面目なおふざけ"が大好きだという人には最高かも。

☆総評としましては

★★★★+0.5 / 面白過ぎた。スゲぇぜ!

ゾンビ要素は後半のクライマックスに
集約されていますが、
決しておざなりではなく、新基軸でもありました。
ゾンビを上手く使った!という感じですが、
これもかなり良かったです。

おや、これは傑作だ。みなさんも是非!
好きな人にはめちゃめちゃ好きな作品だと思いますよ。



YouTube / Trailer de Sexy Killer
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49513791

この記事へのトラックバック