2011年10月28日

処刑山 -デッド卐スノウ-



監督 : トミー・ウィルコラ
出演 : ヴェルガール・ホール、ラッシー・ヴァルダル 他

Død snø / 2009 Norway

ノルウェー産の珍作ゾンビ(?)映画。
出てくるゾンビはナチス軍。
拳やナイフで語る、ゾンビの風上にも置けない奴ら。

- あらすじ -

雪山に遊びに来た男女のグループが襲われるお話。

前半なんかはまんま殺人鬼映画の作りですね。
13日の金曜日的な、教科書に習いましょう、と。
こも辺のダルさは後半とのギャップのためでしょうか?

映像はシンプルで独特。と、いうかなんか古臭い。
日本の古典ドラマの様な雰囲気ですかね。
夜の部分は暗過ぎてさっぱりわかりませんが、
後半は明るい白銀世界での血みどろ合戦になります。
うんうん、がんばりが見えて良いですね。
白い雪と赤い血のコントラストがキレイです。

いや、ゾンビ側も真っ赤な血を噴き出してどうする。

元気ハツラツ、ダッシュ系ゾンビなんですが、
雪山では足を取られて、うまく走れませんよね(笑)

一応はホラー・コメディという事らしく
所々にズッコケシーンがあっても
笑いの感性が日本人とは違うのか、
どうにも、少しスベり気味です。
でもナチス・ゾンビの絵面はユニークで良かった。
なにか戦隊ものを思い起こさせましたね。和む。
ちょっとバカっぽいのが
この作品のナチス像なんでしょうか。
軽い皮肉なのかなぁ。それっぽいセリフもありますし。

まぁいいや。

スプラッタの表現はまぁ、がんばっている方です。
が、臓物の作りが安っぽく、妙に安心感があります。
顔が真っ二つに割られるシーンでは
ズルっと脳みそが落ちるんですが、
そこが残酷描写のピークですね。
あとは噛みちぎったり切り裂いたりがチラホラ。

と、まぁ人側の殺されっぷりは普通な感じ。

なんですが、
ゾンビ(?)側の殺られっぷりには特筆すべきものが。
壮絶と言うか、いっそ爽快と言うか。
クライマックスは主人公達の反撃が半端ないですね。
武器持つと強いなぁ、君たち(笑)
ナチス・ゾンビも負けていられませんね。
どっちが殺人鬼集団かわかりませんよ?
ここはスカッとすると言うよりは少し笑える感じ。

うん、楽しかった。

ただ、この作品の音楽は非常に良くない。
全編通して邪魔になってしまいましたね。
曲の場違い感が凄いです。うーん、残念。
コメディにしろホラーにしろ、
映像を盛り上げる音楽の使い所は大事ですなぁ。

監督さんは映画好きっぽいですが
まだまだ発展途上の練習中といった所でしょうか。
ノルウェーの個性も感じられる作品でしたし、
今後に期待!です。

☆見所としましては

ナチス・ゾンビは一見の価値あり。
軍服ゾンビで統一されているのは物珍しいですよね。
いや、ゾンビと言うよりは"死に損ない達"なんですが。
殺られっぷりがいいですよ。

☆総評としましては

★★+0.8 / 僕は意外と好きですよ。

面白いか?と聞かれると少し首を傾げますが、
少し変わり種の珍作ゾンビ・ムービーという事で。

雰囲気は結構ホラーなので、
コメディ目当ての方にはお勧めしません。
失笑するツッコミ所は結構多いですがね。

しかし、何故?
DVDのジャケットをナチス・ゾンビにしなかったのか。
いい味出してるのになぁ。



YouTube / 処刑山 デッド卍スノウ 予告編
posted by DM at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級
この記事へのコメント
面白そうなパッケージだ(*゚∀゚*)
むしろナチスゾンビじゃなくて良かったと思うぞよ(笑)。それだと人を選ぶと思いまする…(笑)
Posted by sky at 2011年11月03日 14:11
言われてみれば確かに(笑)
でも間抜けでいい感じなんですよ。
まぁ、ホラーっぽくなくなりますが。
Posted by DM at 2011年11月05日 05:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49459606

この記事へのトラックバック