2011年10月11日

DAY-X 人類VSゾンビ最終戦争



監督 : ジェイソン・ハック
出演 : ケン・エドワード、ジェイソン・ブレンゼアー 他

Day X / 2005 America

なんとも盛り上がりに欠ける作品。
ある意味貴重な駄作配給メーカー"J.V.D."
これまでのレビューでは・・・

ZVS ゾンビVSスナイパー / 0.8点
トレジャーゾンビ 甦るテンプル騎士団の亡霊 / 2.4点

の二作がJVD作品でした。
まだまだ駄作ゾンビ映画が控えていますよ。
(地雷率が高いのでJ.V.D.タグを作成しました)

相変わらずの自主制作臭さは健在で
とにかく安っぽい。セリフも安っぽい。
展開も安っぽい。あぁー、安っぽい。

ふー、スッキリしました。

ここの付ける邦題の大袈裟さは
「不当表示」に当たるのでは、ともっぱらの噂です。
いや、実はそれも望むところなんですが(笑)

内容的には・・・

10人弱の生き残りが建物に立て篭もる。
あまり長くは持たないな。
リーダー格の黒人は状況や原因を把握している。
武器も少しあるし、外に出てシェルターに行こうか。

そんな話。

雰囲気は暗い、というか悪い。
生き残りの人達は中途半端にギスギスしていて、
それっぽい会話を適当に繰り広げます。
うーん、おそろしくテンポが悪い。
人間ドラマには期待しちゃいけませんね。

ゾンビとの戦闘はリーズナブルな節約戦。
撃っても切っても血が出なかったりします。
うーん、迫力や緊迫感はゼロ。
ただ、ゾンビの数はかなり多いです。
うん、そこはすごくがんばってるなぁ、と。
ゾンビゾロゾロ感には感ずるものがありましたね。
どっこい
戦闘シーンも捕食シーンもまったく出来が良くない。
それが全てですかねぇ。

唯一特筆すべきは
ウィルス抗体を持った少女の存在なんですが、
この子自身がワクチンだ、と。
ゾンビに噛まれても
この子に噛まれれば助かる、とかいう設定なんですね。

おぉ、これは新しい。

いやいや、どっこい、
基本、この子をほったらかしで話が進むんです。

なんでやねん。

しかも、この子がゾンビに噛み付くと倒せるんですね。
すごい、すごいぞ。まさに最終兵器少女。

でも、ほったらかしなんですね。
超脇役。

うーん、もったいない。
演技的にもこの子にだけは華があったのに。
アルカイックなスマイルが可愛くて良いです。

逆にゾンビに噛み付くというゾンビキラー少女を
なぜもっと活躍させなかったのか。
制作陣が真面目な人達だったのが裏目に。
もっとはっちゃけられたら・・・
実に面白くなった作品だと思いました。

要は普通レベルの駄作ゾンビ映画だったと。
まぁ意外と優等生的な仕上がりにはなっていますね。

なんだか、それが残念だ。

☆見所としましては

特典映像でメイキングが入っていました。
ゾンビストラ(ゾンビ+エキストラ)の皆さんへの
演技指導のシーンがあるんですが、
これがなかなか見てて楽しかったです。

☆総評としましては

★★+0.3 / 中途半端で書く事が無い。

で、ございます。
うーん、惜しい様な気もするけど
こんなもんだろう、と記憶からすぐ消えそうです。

+0.3は少女の存在に。
「ゾンビキラー -Girl of the Dead-」
の制作、期待してます。

いや、妄想ですよ。



YouTube / "Day X" trailer
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / C級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48370781

この記事へのトラックバック