2011年09月30日

デッドクリフ



監督 : アベル・フェリー
出演 : ファニー・ヴァレット、ジョアン・リベロー 他

DEAD CLIFF / 2009 France

タイトルやポスターを見ても中身がさっぱり。
そんな映画を借りてみたら殺人鬼モノだったと。
半端なB級臭(予算の無さ)は漂ってますが、
まぁまぁがんばった仕上がりでした。

登山もので高所や落下の恐怖なのかと思ったら
まさかの殺人鬼スリラーに。
うん、これは意外な展開でした。
「山に潜む殺人鬼」こう書くと期待が高まりますね。
殺され方もなかなかの描写です。が、
全体的には非常に凡作な印象の薄い作品。

思い出すのはヒロインの大きく開いた胸元でしょうか。
いや、君らはなんでそんな軽装なんだ。
別に殺人鬼が出てこなくても死んでたんじゃ・・・
いや、まぁいいや。
登山やクライミングに興味の無い人を
前半から惹きつけておくためでしょう。
おっぱい効果で。
ただ、このヒロイン、クライマックスで超闘います。
いいよいいよ。超肉弾戦!

残酷描写はなかなか身近な痛さっぽく
想像しやすいです。殴る、刺さる、引き摺る、と。

でもまぁ、殺人鬼は全然怖くない。
姿を見せない間が恐怖的にはピークでした。
夜の山に閉じ込められ、
姿の見えない殺人鬼に狙われるのはいいシチュですね。

佳作、と言えなくもない出来、かもしれない。
想像と違ったおかげで楽しめたのでヨシですね。

☆見所としましては

ヒロイン。
開いた胸元とラストの逆襲はなかなかのものです。
高さ的な恐さは中途半端なので特になし。

☆総評としましては

★★+0.8 / 随分となにか足りない。

なんでしょう、恐怖感でしょうか。
いや、殺人鬼のカリスマ性かもしれません。

うん、将来の楽しみないい監督さんだと思います。
(優等生的な意味で)



YouTube / デッドクリフ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48211528

この記事へのトラックバック