2011年09月24日

アイ・アム・レジェンド



監督 : フランシス・ローレンス
出演 : ウィル・スミス、ウィロウ・スミス 他

I Am Legend / 2007 America

主演はウィル・スミスと犬君。
なんというか、ウィル・スミス色に染まった
王道も王道の作品でした。

2012年に爆発的に蔓延したウィルスによって
世界中の人々が死滅、変異してしまった世界が舞台。
「ダーク・シーカー」と呼ばれる凶暴極まる感染者の
群れの中、たった一人で戦い続ける主人公。
彼は治療法を見つけ、世界を救えるのか?

というお話。
うん、とりあえずゾンビ映画ではない。

終末の世界にたった一人の生き残りと
相棒の犬君というシチュにはグッときます。
原作の小説「地球最後の男」には興味が湧きますね。
(今作の他にも何度か映画化されている模様)

映像は素晴らしくお金がかかっていて
"世界にたった一人"感はよく出ていましたし、
街に感じられない生活臭のなさはお見事。
一転して回想シーンでの人々も良い。
息を呑むシーンや絵面も多く、
夢中になって見入る事が出来ました。
戦闘機の尾翼からゴルフをするシーンなんかは
非現実的、非日常感がアリアリで抜群でしたね。

全体的なストーリーは本当に王道ですが、
ダーク・シーカーに関する方面では
大事な意味を持たせたシーンが少しわかりにくく、
初見では物語の深みを掴むのは難しい。
予備知識があった方がしっかりと楽しめるかも?
敵方の心理や行動に注意して見ると良いかと思います。

公開直前にエンディングが差し替えられたらしく、
今回観たDVDにも収録されていませんでした。
機会があれば観てみたいと思います。

☆見所としましては

ウィル・スミス大好き!な方にお勧めです。
うーん、かっこいいですねぇ。
映像の完成度は素晴らしく、
それに負けない彼の存在感は抜群です。

映像特典に宣伝用のコミック・アニメーションが
オムニバスで入っているんですが、
これがかなり良く出来ていて必見ですね。

これともう一つのエンディングのためにBDを買うかも。

☆総評としましては

★★★+0.5 / 本編で★x3 アニメで+0.5

エンディングに少し白々しさを感じてしまって
個人的な評価はイマイチ伸びず。
まぁでも、見応えは十分にありました。



YouTube / I Am Legend Official Movie Trailer
posted by DM at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / A級
この記事へのコメント
懐かしいね〜今度TVでやるよね?
(もう何度もやってるけども。笑)


▼ネタバレ的▼


ワンコが狂っていって、主人公が殺しちゃうシーンが凄い感動的だったのを良く覚えてるよ〜相棒だったのに、犬が可哀想過ぎて、TVで放送する度にHDDから消すか保存するか迷う(笑)。結構面白いよね〜(*^▽^*)ノ
Posted by sky at 2011年09月26日 16:52
僕は動物の哀しいシーンが苦手です。
うーん、少しあざとい気もしますしね(笑)
それでもやっぱりグッときますよねぇ。

アニメいいですよ、アニメ。
Posted by DM at 2011年09月26日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48143627

この記事へのトラックバック