2011年08月28日

悪魔のゾンビ天国



監督 : ペリクレス・レウニス
出演 : リサ・デヘイヴン、ウィリアム・E・ベンソン 他

REDNECK ZOMBIES / 1987 America

おお、がんばってる。
でもなんじゃこりゃ、な作品ですね。

制作は「悪魔の毒々モンスター」でお馴染み(?)の
トロマ社だそうです。
うん、なるほど。期待できます、か?

序盤は非常に退屈で
各役者さん達の超素人臭い演技だけが見ものです。
狙い通りのバカ演技は個性も十分。
トロマ社作品といえばコレですね。

まぁ、一応あらすじを・・・

(核廃棄物→酒に混ざる→ゾンビ大発生)

うん、実にシンプルでいいじゃないですか。
がんばって複雑に見せようとする努力も買います。

挿入しまくる音楽はC級臭さを漂わせますし、
一貫した安い雰囲気は完成度が高いとも言えます。
ちょっと昔のホームビデオの様な映像は
時々ドキュメンタリーチックにも見えますが、
ダイコンな演技が逆に作品感を高めますね。
実は絶妙なバランスなのかもしれません。
この路線を突き詰めれば芸術になったりして。

グロ表現は汚物感がまぁまぁで、
ご家族や恋人同士で、とはいきませんね。
まぁムードのない映画なのは間違いない。

ここまで結構褒めてるんですが、
実際はとにかく退屈です。
テンポの悪さはゾンビ作品の中でもかなりの上位。
なんとか45分くらいにまとめてもらえませんかね。
いらないシーンがいっぱいですから簡単簡単。

コメディ要素が多く入っているんですが
作品全体のバランスが悪いせいで
あまり笑えはしませんね。もったいない。
シーンごとの絵面的にはなかなかセンスを感じます。
あとメインテーマ(音楽)がちょっと邪魔してますね。
ヒゲダンスかなんかにすればいけるかも?

退屈で退屈で苦痛ではありましたが、
深夜の作業中に流しておくのには悪くない。
そんな作品でした。

でもなんかストレス溜まったなぁ。

☆見所としましては

んー、バカっぽい演技ですかねぇ
ゾンビ役の人たちも含めて。
演技指導している姿が目に浮かびます。

あとゾンビメイクのちっちゃい子供が可愛い。

☆総評としましては

★+0.4 / うーん、退屈!

特になにが悪いってわけじゃないと言うか
テンポと構成が絶望的に悪いと言いますか。
語りにくい作品ですね。
いや、語るべき内容は特にないか。
まぁいいじゃないですか。

邦題の支離滅裂加減がピッタリかも。
悪魔でゾンビで天国ですよ?

なんやねん。

でもまぁ、、悪くは、ない。かも、しれない。
ただ、もう一回見るのは勘弁して下さい。

しんどいわ!



YouTube / 悪魔のゾンビ天国 Trailer
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / C級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47586220

この記事へのトラックバック