2011年08月14日

ゾンビハーレム



監督 : ジェイク・ウエスト
出演 : スティーヴン・グレアム、ノエル・クラーク 他

DOGHOUSE / 2009

人物紹介からのはじまりは最高。
期待感を煽りますね。音楽もいい。

-あらすじ-

離婚問題を抱えた中年男を慰めようと
腐れ縁の悪友達に連れられて山奥の寒村へ。
その村では"女性だけ"が感染する
謎のゾンビ・ウィルスが蔓延しており・・・

ってなストーリーをコメディ仕立てで展開します。
なかなか面白い、が
ゾンビものとしてはもう一押し足りない感じが。

全体的な雰囲気はショーンに似ています。
オマージュ的な部分もありありで
主人公が多く、キャラ性が強いのが売りでしょう。
一度見るとかなり愛着の湧く奴らです。
誰にも死んで欲しくない。
マットとパトリックがお気に入りです。

肝心のゾンビサイドはと言うと・・・

コスプレだらけで狙いは上々。
それぞれがバカバカしくて結構いいです。
ただメイクがイマイチで
みんな仮面をかぶった様な半端な出来栄え。
あまりグロくすると衣装に目がいかないから?
もっと萌えに走れば・・・
また違った作品になってしまいそうですが。

ゾンビといえども女性はか弱いという事か、
メインゾンビはみんな凶器を持っていて
これがまた良くも悪くもある。
コスプレからの必然性でわかりやすいアイテムや
アンバランスさで個性を出すのはヨシ。
これぞこの作品の醍醐味なんでしょう。
凶器攻撃がメインなので、ゾンビらしくないのと
基本的には逃げるしかないのが残念といえば残念。
ちょっと変わった殺人鬼集団の様です。

原題のDOGHOUSEは
イギリスの隠語で
「役立たずの亭主」という意味だそうで。
非日常の中で嫁の支配からは開放されるものの
女性ゾンビ集団に囲まれるとは・・・
なかなかに皮肉が効いています。グッド。

まぁある種の浮気でしょうかね。
ふふふふ。

その辺も結構楽しめる作品でした。
これはもう男性向けの映画でしょう。たぶん。
女性に"中年達の青春"は伝わるんでしょうか?

うーん、はたして。

☆オススメとしましては

とにもかくにもコスプレゾンビは必見ですね。
ポージングをキメてるゾンビ達はなかなか笑えます。
うん、かなりバカっぽくていい動きだ。

☆総評としましては

★★★+0.7 / ゾンビも人も"キャラ"が命!

続けて二回観ましたが、二回目の方が楽しめました。
時々見返して、ニヤニヤしたいと思います。



YouTube / DOGHOUSE TRAILER
posted by DM at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級
この記事へのコメント
確かに萌え系ゾンビだと間違いなくヤってしまいそうな
ヤツが一人いるのでゾンビ女子あんな顔なのでしょう
かね(笑) おかしなゾンビ態やら気違い沙汰もあれはあれで
怖くて非常に楽しかったです。
Posted by カボチャスキ at 2012年02月17日 19:21
萌え系ゾンビ映画って見てみたいですよね。
人間がエロスとかじゃなくてゾンビが可愛いやつ。
後半の変形が結構ホラーでしたね。
○○ラジコンとか最高でした。
見返す度に好きになる雰囲気!
Posted by DM at 2012年02月26日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47367196

この記事へのトラックバック