2011年07月23日

バイオハザードIV アフターライフ



監督 : ポール・アンダーソン
出演 : ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウェントワース・ミラー、ケイシー・バーンフィールド 他

Resident Evil: Afterlife / 2010

ようやく四作目です。
監督が一作目のポール・W・S・アンダーソン。
(二、三作目にも製作で参加してますが)
ゾンビ好きというより原作ゲームファン。
もうすでに嫌な予感が・・・

始まりの映像はなかなか美しく、
しかも渋谷(という設定)です。
登場するのは中島美嘉さん。
以前から顔が怖いとは思っていました。
が、映像といいメイクといい、、
音楽までもがヴァンパイア映画っぽいんですね。
うーん、まぁそれも好きです。

そして数年後
廃墟と化した東京の地下、ハイテク施設。
ミラのアクションシーンなんですが・・・
マトリックスとキル・ビルをたして
忍者要素をふりかけた様な出来栄えです。
(他の作品に例えるのはあまり好きじゃないですが)
しかも4で割ってしまった様な割り切れない感。

監督がアンダーソン君なので仕方がないですね。
(うまいこと言った、いや、どうでもいい)

とにもかくにも、
前作までの伏線を急いで回収します。
うん、無理矢理にでも収拾つけないとね。
でもちょっと"萎える"ツッコミ所が多いんですよ。

そして舞台は半年後。
一転して人もゾンビも見えなくなります。
このあたり、終末の孤独感を表現したんでしょう。

なんやかんやで、
また舞台は変わって廃墟の街に立つ刑務所へ。
ここで何人かの仲間ができるわけですが、
刑務所だけにプリズン・ブレイクの彼が。
「俺が脱出法を教えてやる」ときたもんです。
ここだけ聞くと面白そうなんですが・・・

そして物語は
モンスター・パニック・アクション・脱出劇へ。

なんというか、パクリというか。
色んな映画のシーンを
繋ぎ合わせてバイオにしてみました的な。
少し「イラッ」とくる辻褄の合わない展開が多いです。

もはやゾンビはセットの一部に。
完全にエキストラと化しています。
(原作のゲームも4で転換期を迎えましたが)
まぁゾンビ的には非常に残念な扱いです。

ウダウダと中だるみがありまして・・・

最後ははまたしてもハイテク施設内での闘いへ。
終末でも絶望でもない。危機すら感じない。
いったい何がしたいんだ、監督。

☆見所としましては

原作ゲームとリンクする部分はままあります。
個人的にはこれといって褒める所がない。
あ、最後にシエンナが出てきます。
超セクシーです。あと、ケイシー美人。
プリズンの彼、かっこいいね。

☆総評としましては

★★+0.5 / もうゾンビ関係ないじゃん

と、いう事でゾンビ作品ではなくなっちゃいました。
まぁIVともなれば仕方がないのでしょう。
ただ、それを差し引いてもあまり面白くない。

Vはここでレビューしないかもしれません。
うん、まだ続くみたいです。いや、無理かな?
なんかもう色々と台無しです。犬とか。

アフターライフは「後世・余生」といった意味合い。
posted by DM at 05:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / A級
この記事へのコメント
おはようございます〜!(^▽^)

思わず笑ってしまいました(笑)
私も4気になってたので、レビュー見れて良かったです(笑)。3くらいから「え?ゾンビ映画?」的な展開だった記憶なんですが、4も相変わらずのクオリティなんですね(笑)。
なるほどぉ〜!
プリズンブレイクの彼が出てくるのか〜しかも脱獄シーンで(笑)。ほんと色々な場面をピックアップした感じしちゃうね。

ふふ(笑´w`)エキストラ化(笑)。楽しい。
ここまでいくと逆に見てみたくなってきたです♪
ぜひ5が出たらレビューして下さい(笑)。期待してます(*^ー°)b 笑
Posted by sky at 2011年07月24日 10:06
コメントとご来襲ありがとうございます。
見た直後に書いているので、
不満足感がモロ出てしまいましたね(笑)
いや、仕方がない。
ただ、今日見たゾンビ映画よりは
格段に面白い作品だとは思いましたので、
レンタルくらいが丁度いいかと思います。

うーん、5の出来次第でBOX買いですかねー。
Posted by DM at 2011年07月25日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46908189

この記事へのトラックバック