2011年07月23日

バイオハザードIII



監督 : ラッセル・マルケイ
出演 : ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター 他

Resident Evil: Extinction / 2007

さて、三作目です。
今回も始まりには緊張感のあるシーンを・・・
と、いう事なのか、一作目のシーンを再利用。
(回想ではなく、一応は必然性のある描写ですが)

前作「アポカリプス」より数年後、
ゾンビと人の勢力図は完全に逆転した模様。
終末観の漂う、砂埃まみれのゾンビ群は非常に良い。

荒廃した風景を颯爽とバイクで旅するアリス。
そして現れる無法者。
いや、某世紀末救世主物語の様です。
無法者の中にはご丁寧にもモヒカンが・・・

あんたら日本大好きだろう。

前作のラストで見せた通り、
アリスは超絶パワーアップしています。
蹴り一発で人を殺すアリス。
「おまえはもぅ・・・」いや、言いませんが。怖い。

なんだ、その髪型は。
ミラがおばさん化しています。残念。
いや、世紀末ぽくしたのはわかるんですが。

まぁいいや。

一、二作目のレビューでは敢えて書きませんでしたが、
ゾンビ犬の造形がとてもいいです。怖い、強い。
そしてカラスの描写も素晴らしいものがありました。
原作ファンにはお馴染みの強敵達です。

肝心の人型ゾンビは、といえば
集団での描写が主になっており、なかなかの扱い。
ただ、今作でも後半のメインはお馴染みのボスキャラと
脅威のダッシュ力を見せる新型ゾンビになります。
この辺はいかにもゲームの設定ぽくていいですね。

全体としては破綻した終末世界を描きたかった。
のかもしれませんが、
イマイチ絶望感を感じられません。
所々に見せ場のシーンを散りばめて繋げた様な。
とはいえ、この「見せ場」のシーンは素晴らしく、
冒頭のゾンビ犬やカラスの大群、ゾンビの群衆など、
かなり見応えあり。

ダッシュゾンビはあまり好きじゃありません。
ただの殺人鬼集団にしか見えませんでした。

☆オススメとしましては

力の入ったシーンが数多く、映像に迫力あり。
カラスの大群シーンは稀に見る出来栄えだと思います。
クライマックス"前"の
ゾンビの群れに突っ込むシーンも実に素晴らしい。
この二箇所だけでも今作を見る価値は十分にあります。

ボスキャラ云々のくだりは蛇足ではありますが、
良くも悪くも"バイオ"なので仕方がないですね。

☆総評としましては

★★★+0.3 / 絵的には素晴らしい

ホラー要素はもう何処かへ無くしてしまいました。
戦争アクション、
特殊コマンドー対モンスターでしょうか。

「ゾンビもまぁまぁ出てきますよ。」

と、いう事でこの評価となりました。
そして次作に続く・・・。うーん。期待薄。
因みに、
エクスティンクションは「絶滅」の意だそうです。
posted by DM at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / A級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46905111

この記事へのトラックバック