2011年06月29日

ヴァンパイアVSゾンビ




Vampires VS Zombies / 2004

こりゃひどい・・・。

もうこの感想に尽きます。
苦痛。
こんなにも駄目な映画は人生でも指折りだ。
それも決して歓迎できない酷さ。

「最悪の映画を見つけたぜ!」

もぅそんな事を友人に話しても駄目ですよ。
シカトされますよ。
空気読め、バカか バカなのか

いや、心配せずともそんな事を話す気にもなりませんよ。
収穫0ですよ。時間のポイ捨てですよ。

いや、挫けるな、俺。
なにか褒める所を見つけるんだ、頼む、俺。

・・・ えー

☆見所としましては

映画全体を通して格闘シーンが多いですが
その「パンチ」の酷さ・・・、でしょうか。
最後2回くらいは笑えるかもしれません。

レズシーンとか残酷グロ表現とか
ヒロインがやたら悲鳴をあげるとか、
まぁあるんですが、見る価値はありません。
いや、ほんとに無いんです。
話の種にもならないんです。

時間をドブに捨てた様な虚無感だけが、
残ります・・・。いや、残りません。

☆総評としましては

★x0 / 燃えないゴミに出しましょう。

もぅとにかく駄目。
ホンット駄目。

それだけです。

A,B,C級の三つで分類してますが
ほんとはD級(感想なし)にしたいところです。

この映画の製作に関わった全ての人たちの
他の作品にもう出会いません様に。

あ、あとタイトルはただの詐欺です。
流行りに乗ったただの詐欺です。
パッケージも。

くそぅ・・・
タグ:映画 D級
posted by DM at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / C級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46438307

この記事へのトラックバック