2014年10月24日

シー・オブ・ザ・デッド



監督 : Rodrigo Aragão
出演 : Marcelo Castanheira, Mayra Alarcón

Mar Negro / 2013 Brasil

少し珍しい(?)ブラジル産のゾンビ作品です。
監督さんは「ゾンビ沼」「吸血怪獣 チュパカブラ」等で
新進気鋭と言われているらしい方だそうで。

はて・・・ そうなんでしょうか。

タイトルからして海で起こる感染パニック劇・・・
かと思いきや、舞台は冒頭以外のほとんどが陸上。
それもほとんどが娼館(という名の場末のスナック)で
"海上で逃げ場のない恐怖"に期待してはいけません。

要は海から発生したウィルスで村がやられるわけですが
そこに至るまでが長い!無駄に長い!無駄に暗い!
登場人物にもあまり華は無く、、、
誰を見ていいのかがさっぱりわかりません。

ここまでで十分に伝わったかもしれませんが
残念ながらあまり面白い作品ではありません。。。
全てがとっ散らかっているので
見る側も散漫になってしまいますね。
ブラジルの映画は発展し始めたところなのかな?
と、思ってしまう次第です、はい。

特筆して見るべきところも特に無く・・・
なんですが、ネタバレの方で無理やり書いときますね。

とりあえず・・・

海で謎のグチャグチャ生物→よくわからない人物関係
→スナックがオープン→人集まる→感染わっしょい

だと思って頂ければ・・・
もう想像だけでいいかもしれませんね。
あまりにも、スピード感が・・・ ない!

☆見所としましては

おそらく初めて見る(?)大物ゾンビの登場ですね。
ただ、ここも描写が散らかっていて今ひとつでした。
なんとか想像力で補完していきましょう。

特殊メイクや血糊はとても頑張っていますが
使い方がちょっとグチャグチャ過ぎて勿体無い。

☆総評としましては

★+0.5 / 詰め込みグダグダの失敗例を見た

そんなところです。
正直、あまり感想も浮かばないので
ネタバレ(↓)でもう少し愚痴っておきますね。

ブログランキング参戦中 ☆ Let's! ポチッとな ☆
 

さて、ネタバレです。
ここを読む人は少ないかと思いますので
本文よりさらに愚痴愚痴書いていきましょうね。

まず、大物ゾンビはクジラの様です。
クジラ・・・なんですが、どうにもクジラらしく無い。
なんじゃこりゃ。だけど使い方は楽しいです。

見所はあと二つ

・娼館の料理するババア
・ゾンビだらけの浜辺をあるく少女のシーン

ババアは良い顔していて、存在感があります。
タバコと捻くれた顔が似合う似合う。
感染後の迫力もナイスです。

このババアは一見の価値あり。

浜辺とゾンビの相性は良く、
映像の色合いもこのシーンだけは少し綺麗です。
その中をあるく少女・・・
これは意外にも心に残る美しい印象を与えてくれました。

ここで終わっとけば良かったのに・・・。

とにもかくにもこの三つですね。
最後の30分だけ見ればそれでOKだと言い切りましょう。
posted by DM at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104870287

この記事へのトラックバック