2012年12月30日

2012年(に見た)ゾンビ映画 ベスト5!

第1位

レック

恐怖、戦慄、焦燥感。素晴らしき完成度!
無駄を削ぎ落とした完璧な出来栄えで、
POVの到達点を感じさせる見事な作品でした。

リメイクの方は駄作に近い凡作。



第2位

ゾンビ処刑人

哀愁漂う刹那的青春アンデッド作品。
物語には抑揚があり、
全体の雰囲気は上手く纏まっていて素晴らしい。
シリアスコメディの秀作。すごく好きです。



第3位

ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春

安定感溢れる素晴らしきコメディ作品。
半ゾンビのラブコメロードムービーが心地良い。
下ネタ、友情、涙と笑いとハッピーがあります。

ゾンビのチーズが愛らしい。



第4位

ベルリン・オブ・ザ・デッド

叙情的で芸術感のある良質な映像と
捻りの効いたストーリー、丁寧な構成。
アイデアに溢れ、視聴後感も良かったです。



第5位

ゾンビ大陸 アフリカン

壮大なアフリカ大陸を舞台にした美しい映像。
眠気を誘うほどの心地良さとゆったりとしたテンポ。
ゾンビ個体の存在感と迫力が素晴らしい。



★特別枠★

キツツキと雨

ゾンビ映画の撮影を背景にした、
心温まるヒューマン・コメディ・ドラマ。
自然と笑顔になってしまう、とても良い作品です。

特にゾンビ好きならニヤニヤ出来ると思います。
"オススメ度"で言いますと随一ですねぇ。是非。




以上。

今年はあまりゾンビ映画を見れていませんね。
数は少ないものの、良作が多く、満足です。
来年は古い作品や名作、
それに新作も積極的にレビューしたいですねぇ。

後半は多忙であまり更新出来ませんでしたが
今年はこれにて。
当ブログにお越し頂いて感謝感謝でございます。

みなさま、よいお年を〜。
来年はガンガンいきますよー!
posted by DM at 21:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌