2012年06月26日

ベルリン・オブ・ザ・デッド

Rammbock.jpg

監督 : マーヴィン・クレン
出演 : ミシェル・フイス 、テオ・トレプス 他

Rammbock / 2010 Germany

非常に真面目で丁寧に作られた印象のある
実に完成度の高い良作。
おそらくはかなりの低予算ながら、
それを補って余りある見事な出来栄えでした。

ジャケット写真からの印象とは違い、
じっくりとした落ち着きもある物語。

暗く乾いた映像は芸術然としていて、
叙情的な雰囲気と
場面ごとに効果的な音楽が心地良かったです。

冒頭で突如として感染が始まり、
寂れたアパルトマンを舞台にした籠城劇。
主人公はしょぼくれた中年で
とても感染者と戦える様には見えません。
そして実際に戦う事はほとんどなく、
狭い建物の中で、隠れる様に逃げ回る場面には
緊張感がありますね。

感染者は凶暴化したダッシュ系で、
音に反応して興奮するタイプの強敵です。
メイクにも迫力があり、
襲ってくる姿も良かったんですが、
僕個人としましては、ゆらゆらと
揺れて立っている姿が悪霊っぽくて好きでした。

籠城、物資、脱出の間には人間模様の物語があり、
それぞれに琴線に触れる場面が。
押し売りをしない、さりげない表現が素晴らしい。
控えめでリアリティがあり、
それでいてグッとくるものがあります。

いやぁ、大人な雰囲気ですよ。
なんか、くたびれた感じが。

全体的に漂うのは、
お洒落な様な、とても野暮ったい様な空気感で、
静かな情熱や芯の強い心意気を感じる作品でした。

☆見所としましては

芸術的な映像とアイデアのあるシーン。
ゆっくりした展開と感染者の凶暴性で
緩急も上手く使われていますねぇ。

☆総評としましては

★★★+0.2 / 堅実で真面目。とても面白い。

です。

そしてこれは愛の物語。
主人公の強さと弱さが同時に表れたような
ラストシーンが本当に良かった。

泣かせます。



YouTube - Siege of the Dead UK trailer
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級

2012年06月24日

メガ・パイソンVSギガント・ゲーター



監督 : メアリー・ランバート
出演 : ティファニー、デボラ・ギブソン 他

Mega Python VS. Gatoroid / 2011 America

怪獣映画風のジャケット写真に、このタイトル。
C級感満載のワクワクがありますね。

内容は期待通りのグダグダっぷりで、
大量発生した巨大蛇を退治するために
超巨大ワニを生み出して戦わせよう、と。
そしてお決まりの人が襲われる展開へ。

タイトルに"VS"のあるB級作品の基本として
「全然"VS"じゃないじゃん!」なんですが、
この作品ではしっかりと"VS"していまして、
それは蛇とワニではなくてですね…
「蛇好き貧乳女VSワニ側巨大乳女」って感じです。

この二人に華がないことといったらアナタ。
もちろん演技も超アレですよ。

いいね。いいよー。

作品全体の雰囲気は良く、
意外にも高画質な映像や撮影のロケーション、
酷いながらも多用されまくりのCGには
かなりの予算を使ったのではないでしょうか。
その分、配役に無理が出たのか
役柄のハマってなさぶりがなかなかのものです。

いやぁ、大事なとこほど超ダイコン(笑)
CG相手の演技って難しいんでしょうねぇ。

しかしながら、
監督さんの構成力にはセンスを感じますし、
脇役さん達にも魅力があります。

無理のある発想と大根役者にキョトンとする導入部
コメディ色が少しだけ強くなり、間延びした中盤
なにもかもが破綻していくはちゃめちゃな終盤

いいですね。これぞB級作品の王道です。
ある意味では安心して見られるナイスなクオリティ。

※前半でグロい映像を頑張っている部分がありまして、
なかなか生々しいバラバラ死体や生首が。
蛇皮のテラテラなんかもありますので、
苦手な方はご用心下さい。

☆見所としましては

やはり「なんじゃそりゃ感」でしょうか。
納得のいかないグダグダっぷりは筋が通っています。
の、割には意外と退屈しないのも良い。

あと、アレですね。
ヒロイン二人がおばさんっぽくて逆に新鮮さを…

いや、別にそうでもないですね。

☆総評としましては

★★+0.5 / 悪かない。悪かないよ。

と、なりました。
グダグダな中にお約束っぽいシーンも紛れていまして、
風刺の様なものを感じるんですが、多分関係ない。

お色気を全く感じなかったのは潔いですね。
まぁ、個人的には少し残念ですが。

ともあれ、B級娯楽作品としては、
とても良く出来たC級感だと思います。
うん、この路線で是非とも継続して頂きたい。

ただ、まぁ、
別に面白くはなかったですね。うん。
だけど嫌いじゃぁない。
続編系があれば、また見てみると思いますよー。



YouTube - Mega Python VS Gatoroid Official Trailer

2012年06月18日

多忙。



えー、とても忙しいです。
仕事に時間を取られてしまって
せっかく買ったロリポップチェーンソーが
あまり遊べないという体たらくです。

まぁ、ゾンビ予算も少なくなってきたので、
ちょっと真面目に仕事をして稼いでおこうかとー。

少しブログ更新が滞っていますので、
せっかく見にきてくれる方には申し訳ない。
いつもありがとうございます。

お暇だったりアレだったりしたら
Twitterなんかやっていますので、
良かったらフォローしたりしなかったりをば。

その時々のテンションで呟いていますので、
過去のツイートを遡って
バカさを探したりはしないで下さいね。

Twitter ID @ZoMVisH

比較的ゾンビ情報の得られやすい環境ですが、
あまりゾンビに関するつぶやきはないかも。

と、いうかそれ以外が多いかも、です。
えぇ。
タグ:日記
posted by DM at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2012年06月05日

劇場鑑賞「ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春」

大阪のミニシアター「第七藝術劇場」で
予告から期待していたゾンビ・ヘッズを見ました。

定番になりつつある(ような気がする)
ゾンビ側からの視点で描かれた
青春ロードムービー調ラブコメディですね。
ゾンビは身体は死んでるけど知性はしっかり系。

青春コメディとしてポイントをしっかりと押さえ、
ある意味で安心して見ていられる楽しい作品でした。
定番中の定番の様でいて、ゾンビが主役という事を
非常に上手く表していたと思います。



詳しいレビューはDVDを購入後に改めまして。

素晴らしかった点をざっと挙げますと、
ロードムービーの部分での味のあるチームワーク。
半ゾンビ2人とゾンビ1体、人間1人という
奇妙にバランスの取れた構成でした。
主役2人の半ゾンビの活き活き感もさる事ながら、
超曲者老人と最高に可愛いゾンビ1体がとても良かった。

緩く楽しく、最後はちょっと泣かせる秀作ですねぇ。
いや、楽しかったです。これは買いですねぇ。
"楽しいゾンビ映画"に追加ですよ!
posted by DM at 19:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌