2012年03月07日

ゾンビ処刑人



監督 : ケリー・プリオー
出演 : デヴィッド・アンダース、クリス・ワイルド 他

THE REVENANT / 2009 America

原題の"THE REVENANT"は
「死の世界より戻りし者」的な意。(たぶん)
日本風に言うと「黄泉がえり」が近いと思います。

邦題やジャケット、宣伝文句からは
アクション満載のダーク・ヒーロー的な
骨太コメディを想像したんですが、
(良い意味で)その期待は裏切られましたね。
これは純然たる人生ドラマだなぁ。

この作品の特筆すべき要素として
ゾンビ(主人公)の特殊な設定があるんですが、

・知能や能力は生きていた頃と変わらない
・身体の機能を保つためには人の血が必要
・痛みは感じるが撃たれても死なない(死んでる)
・夜しか活動できず、朝には死体の状態に戻る

作中の表現を借りると
「肉体を持ったゾンビ的な亡霊」らしいです。
ヴァンパイアやアンデッドの特徴が強いですが、
見た目はかなりゾンビ寄りなのでご安心(?)を。

(あらすじ)

戦死した主人公は葬式の後に墓地から蘇ってしまう。
自分の身に起きた現象を理解しきれずも、
まずは親友の元へ身を預ける事に。
状況を把握してきた二人は夜の街で生き血を求め、
不死の肉体を使って
犯罪者を狩っては死体を捨てる毎日を送る。
金や薬を手に入れて"第二の人生"を満喫するが、
そんな破綻した生活が長く続くはずもなく・・・

恋人とのしがらみや親友との友情にも悲劇は起こる。

どこか文学的な匂いを漂わせ、
突拍子もない会話や台詞にも何故かリアリティが。
普通ならコメディになる様な場面にも、
その裏にある苦悩や不安、戸惑いが描かれていて、
真面目で物悲しくも
ユーモアのある雰囲気を感じさせます。

物語の完成度を高めるための映像は
影や暗闇をエフェクトにしたセンスの良い仕上がり。
一つ一つのシーンがかなり丁寧に作られていて
映像的な名場面と呼べるシーンが多く、
例えば、ソファで横たわる彼女を背景に
至近距離で銃を撃ち合うゾンビ二人の姿は
実にシュールで感動的ですらありましたね。

様々な名作映画へのオマージュが
たっぷりと込められた名場面の数々は
主人公がゾンビという事を活かし、
ある意味で唯一無二の存在感を放っています。

特殊メイクのレベルも高く、後半は結構グロい。
ただ、主役がゾンビという事もあり
「痛そう」な表現は控えめなので、その点では
残酷描写が苦手な方にも良いかもしれません。

展開は起承転結がしっかりとしていて、
「承」の部分では邦題に偽り無し。
ラフな服装でダーティーハリーの台詞を拝借したり
軽快なオーケストラに乗せて次々と悪人を始末したり
ここはなかなかワクワクとさせてくれました。
が、ある人物の死をきっかけに一気に破綻する状況は
「死ねない不幸」と悲劇を加速させ、
どうにもやるせない気持ちに包まれてしまいます。

死なない事、死から蘇ってしまう事は
本当に不幸でしかないなぁと思いました。
この作品を見て強く感じたのは
「殺してあげたい」って気持ちでしたが、
序盤で前フリになるセリフがあって、
きっと、それが正解だったんでしょうね。

最後の場面には賛否があると思いますが、
僕にとっては
ロメロ監督にも通ずるゾンビへの愛や
近代社会への皮肉、批判を感じさせるものでした。
そして主人公への哀しい報いも・・・

最後の選曲はずるいなぁ。
泣いちゃったじゃないですか。

☆見所としましては

親友同士の会話に現れる「哀愁」でしょうか。

大人の玩具の振動でしゃべる場面があるんですが、
笑いながら泣いてしまいそうな良い場面なんですよ。
絵面と台詞には笑っちゃうんですが、
その状況と心情を考えると・・・。もぅ、ね。
この雰囲気はほんとにグッとくるものがありました。

☆総評としましては

★★★★ / やるせない、ヒューマン・ゾンビ・ドラマ

悲痛さや物悲しさ、笑える会話に衝撃的な画。
様々な要素をバランス良く配置し、
それぞれがじっくりと描かれていて完成度が高い。

あと、主役の役者さんが素晴らしいです。
真っ白に濁ったゾンビの眼で
ここまで人間的な感情を表現出来るとは・・・

うーん、実に尾を引く作品だなぁ。名作です。



YouTube - ゾンビ処刑人 予告編
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ映画 / B級

2012年03月03日

新作ゾンビ情報 / ゾンビ・ヘッズ

期待のゾンビコメディ映画、
「ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春」
日本劇場版の予告編がYouTubeにて解禁されました。



YouTube - ゾンビ・ヘッズ 死にぞこないの青い春

あのマイケル・ムーア監督や
ブルース・キャンベルが絶賛しているとか。

予告編から察するに

「ゾンビだけど、俺たち本気で生きてるぜ!」

的な、グッとくる青春コメディっぽいですね。
なにより、主役がゾンビ側という・・・
うーん、良いですね!これはかなり面白そうだ。

公開される劇場はまたしても「シアターN渋谷
4月14日からの公開予定の様です。
是非とも見に行きたいなぁ。東京め。

詳しい内容や公開情報は予告編とリンク先にて。
タグ:ニュース
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2012年03月02日

チェーンソーメイド



作 : ていえぬ (長尾武奈)

CHAINSAW MAID / 2010 Japan

「チェーンソー・メイド」
YouTubeでの再生回数が350万回を超え、
その完成度の高さから海外での評価も高い粘土アニメ

DVDには未公開を含め
ていえぬ氏の全作品(2010年まで)を収録し、
ホラーで暴力的でちょっとコミカルな
スプラッタークレイアニメーションの
世界を堪能出来ます。

「CHAINSAW MAID」

本編。言わずとしれた傑作クレイアニメ。
目、表情、色彩が素晴らしく、
「生きてる(死んでる)人形」感がスゴイです。

目に生命を感じますし、口の造形には感情が。
ビビットな色彩と粘土特有の「テカり」が
悪夢にも似た雰囲気を醸し出していて、
非常に良い演出になっていますね。
グロ表現も粘土ならではの仕上がりで、
血や切り口のドロドロ感とボリュームが迫力満点。
とにもかくにも造形の完成度が恐ろしく高く、
スプラッタ感の素晴らしい見事な傑作。

最初にちょっとエロスを、
最後に萌えを感じさせるのがニクい演出ですね。



YouTube - CHAINSAW MAID / 2007

「CHAINSAW MAID episode.zero」

Web未公開の新作。

造形や表現のレベルはさらに上がっていて、
ホラーな雰囲気はこちらの方が強いかも。
冒頭で女の人がお腹を裂かれてしまうので、
かなりゾッとしました。悲壮感というか。

メイドさんと少女が日本アニメ的な造形になっており、
萌え度も上がっているかもしれません。
おっぱいありますよ、おっぱい。

「BATTLE OF CLAY」

教育テレビを思わせる可愛らしい作品。
どこか闇を感じさせるのは気のせいでしょうか。



YouTube - Battle of Clay / 2006

「BATTLE OF CLAY2」

「SAW」のジグソー顔した二人の
たたいてかぶってジャンケンポン。
顔が恐く、おどろおどろしくもあり。



YouTube - Battle of Clay 2 / 2006

「BLOODY NIGHT」

怪奇なモンスター・ホラー

暗闇を背景に、追われる恐怖と襲われる恐怖が。
音楽が効果的で、緊迫感のある一作ですね。
全作品中、最もハラハラしました。恐い。



YouTube - BLOODY NIGHT / 2007

「WITHIN THE BLOODY WOODS1」

初期のゾンビ作品。

音声が入っていて、
ゾンビのうめき声が良いですね。
短いですが、おぞましい雰囲気は見事。



YouTube - WITHIN THE BLOODY WOODS 1 / 2006

「WITHIN THE BLOODY WOODS2」

飛び出す目ん玉と潰される目ん玉。

この二作品のゾンビは実に恐い顔をしています。
殺人鬼がゾンビ化した様な感じですかね。

続編に期待。
是非、調子に乗った主人公を・・・



YouTube - WITHIN THE BLOODY WOODS 2 / 2006

「Bloody Date」

僕が初めて見たていえぬ作品。感動。

サイコな一家に囚われる女性の恐怖がありありと。
デスマスクと生首の描写が怖くて良いです。
そして少女の無邪気なおぞましさが・・・



YouTube - Bloody Date / 2007

「Crazy Clay Wrestling」

角が痛そうなプロレス作品。

痛そうですがグロはなく、ある意味安心な一作。
「 C! C! W! 」の掛け声がシュールでクレイジー。



YouTube - Crazy Clay Wrestling / 2007

「PUSSYCAT」

ファンタジックでちょっと陽気なバイオレンス作品。

猫と豚と狼の二転三転する物語で、
明るく淫靡なエロスも感じさせます。
爽やかな背景の中で痛そうな描写が・・・
特に豚の表情が素晴らしく、見事な逸品。



YouTube - PUSSYCAT / 2008

いや、しかし存分に楽しめる作品集でした。
一つ一つは短いですが見応え十分。
物語の最後をカラッとさせてくれるのも良いですね。

ますますのご活躍を期待しております。

ちょっとコラム
posted by DM at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビアニメ

2012年03月01日

少女ゾンビ



著 : ヒロモト森一

少女ゾンビ 全1巻

この作品に感じるものは「衝動」と「意思」
展開には勢いがあり、あらゆる登場人物達に
感情の爆発の様なものがあります。
弱さに底にある、怒りにも似た生命の咆哮。

絵は荒く、ラフ画の様な仕上がりで
それゆえの迫力があり、物語の雰囲気には最適。
ゴアや変態的な表現は想像力を強く喚起し、
その描写は実にバイオレンスかつエロス。
暴力的、性的本能を刺激する見事な出来栄えです。

物語は、どこか腐ってしまった現代日本を背景に、
ある少女が属する一家を中心に描かれています。
それはもう、捻じ曲がった鬱屈感のある一家が。

※一家以外の登場人物が少し面白く、
歌姫「AYA」やアイドルの「ヴァッキーナ」に
浅生首相の秋葉原演説など。

ゾンビの発生から犠牲者が増えていく様子や
局地的パンデミックでの惨劇、抗う姿など、
時系列は少しシャッフルされていて
混乱した世界観を上手く感じる事が出来ました。
特にゾンビの存在やその脅威を理解出来ず、
肉体的な痛みを感じてから危機感を得る鈍さ・・・
そういったリアリティに恐怖を感じましたね。

ゾンビがしっかりと「化け物」として存在し
人間とゾンビとの闘いが重く、怖く、
そして勢いよく描かれています。
ダークヒーロー的な要素も良いですね。

作者さんの衝動と情熱、それをそのまま
この作品に感じる事が出来た気がします。
「ゾンビ」は集団的狂気、集団暴力。
惨劇はホラーではなくバイオレンスだと思いました。
この部分をしっかりと描いたゾンビ漫画は貴重ですね。

これは面白い。
タグ:漫画 ゾンビ
posted by DM at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビブック