2012年03月15日

チアリーダー・マサカー 〜裂かれたユニホーム〜



監督 : ブラッド・ラッシング
出演 : ジュリア・リーマン、ミッシェル・ボイド 他

CHEERLEADER MASSACRE 2 / 2009 America

「戦慄の山小屋」とは関連性なし。
全くの別物に同じタイトルを付けただけですね。

ストーリーは前作とは違い、
一応はチアリーダーらしいものになっています。
(チアの選抜合宿(?)での惨劇)
殺人鬼云々ではなく、未来的な殺人機械達による
謎のSFスラッシャーといったところ。

機械達は複数登場し、
姿は円盤、虫型や植物型でなかなか悪くない。
殺人シーンはCG感が全開でグロさはチープですが
ゴアな雰囲気はありますね。
副題が「裂かれたユニホーム」ですが、
裂かれるのは身体ごとって事なんでしょう。
首がザシュッとか縦に真っ二つとか。

※今回もチアらしい可愛い衣装がない。
どちらかと言うとジョギングやジムの格好だなぁ。
何故なんだ。予算か?予算なのか?

脚本には無理があって、あまり感情移入は出来ない。
映像や役者さんもそれなりに良い雰囲気。が、
得体の知れない殺人ロボットの恐怖感が微妙です。
予算があってリアルな造形が出来れば怖そうですが、
正統派の殺人鬼ものにした方が良かったのでは。

肝心(?)のお色気は今作でもなかなか多いですが、
必要のないシャワーシーンなんかで
作品のテンポを悪くしている様にしか思えず。
プールサイドでの健康的なおっぱいシーンの
一回だけにしておいた方が「おぉっ」となったかも。

全体的には惜しい完成度だが、どうにも無理がある。
個別に殺人機械の犠牲になっていく様子は楽しいが
リアリティが足りず、全くハラハラ出来ないのが残念。

うーん、二度目の視聴には耐えないですねぇ。

☆見所としましては

んー、異形の機械にどう惨殺されるか。でしょうか。
それが売りだとは思うんですが、
あまり上手くいってませんねぇ。

ヒロイン二人には華があって可愛いです。
今後の活躍に期待したい。

☆総評としましては

★★+0.4 / 色々と無理が見える。

お色気と恐怖のバランスが悪く、
チープなCGが雰囲気を壊してしまう。
アナログとSFのいいとこ取りが狙いっぽいので、
もっと予算があれば化けてたかも知れません。

んー、でも脚本がどうにも許容できませんでした。
最後はちょっとポカーンとしちゃいましたね。
伝統的なサスペンス・ホラーで撮って欲しかったなぁ。



YouTube - Cheerleader Massacre 2 (edited version)

2012年03月13日

チアリーダー・マサカー 〜戦慄の山小屋〜



監督 : ジム・ウィノースキー
出演 : タミーエ・シェフフィールド 他

CHEERLEADER MASSACRE / 2003 America

久しぶりに正統派の駄作スラッシャー(?)・ホラー。

吹雪の山小屋にたどり着いた学生グループ(+先生)の
13日の金曜日的なお話ですね。
全てにおいてチープさが先に立ってしまうので、
恐怖や感情移入とは程遠い仕上がりとなっております。
映像は一昔前の家庭用ホームビデオ並みで見にくく、
ストーリーは言わずもがなの薄っぺらさ。
殺人シーンは駄目駄目という八方塞がり。
これがまた、絶妙に楽しめない駄作具合でして、
どうせならもっと酷い出来が良かったなぁ、とか。

なによりも致命的だと感じるのは
「恐怖の演出」があまりに下手過ぎる事で、
例えば血の色だったり音楽を挿むタイミングだったり。
まずい演技と合わさってマイナスの掛け算の様です。

うーん・・・

唯一の売りであるお色気シーンは数多く、
それなりに力が入っています。
が、どうにも映像の荒らさが目立ちますね。
そしてチアの衣装が全く出てこないという驚き。
せめてそこだけは頑張って欲しかった。

展開や演出にツッコミ所はたくさんありますが、
笑える部分は全くと言っていいほどにない。
ちょっとイラっとする感じですねぇ。
ただ、これだけスカスカの内容をうまく伸ばし、
商業作品として作り上げたのは素晴らしい。

出来は良くもなく、悪過ぎる事もない。
故に、個人的には最も楽しめないレベルなのが残念。
「笑いのないホラー・コント」って感じでした。

☆見所としましては

まぁ、、、お色気ですねぇ。
先生、体洗うの下手すぎ。あと、風呂が長い。
キャプテンは可愛くて谷間だらけ。うむ。
ただ、キャラ付がなさすぎてもったいない。

☆総評としましては

★+0.8 / 決して悪くはない。

が、面白くはない。
平均的な駄作なんですが楽しめる要素もある。
制作側のがんばりが見えるので、良し!

と、言っておきましょう。
深夜TVでやってても首を傾げる出来ではありますが。

(追記)

僕の「駄作」っていう表現は駄菓子的なチープなもの。
くらいに受け止めてもらえれば。
好きですよ、駄菓子。



YouTube - Cheerleader Massacre OFFICIAL Trailer

2012年03月12日

お化け屋敷克服法

Twitterで相互フォローをして頂いている
お化け屋敷研究所さんのハッシュタグ、
「#お化け屋敷克服法」に関する個人的ログです。

・とんがりコーンを指先に(@OBAKEYASHIKING)

obake_y_01.jpg

やってみた。「必殺!瓲牙李狐音!!」
これで目の前の闇を切り裂くのだ。

・おばけの仲間になっちゃえばいいじゃないか。

・「一寸先はハニカミ」と呟きながら

・ナノイオンのドライヤーでリフレッシュしながら。
posted by DM at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2012年03月11日

ゾンビ川柳

ゾンビーナさん方のZOMBIE場 3月号にて
Twitterで人気のハッシュタグ、
「#ゾンビ川柳」の大賞が選出されます。

Togetterはこちら!

と、いうわけで自作のゾンビ川柳ログ。
不謹慎な表現もあるかと思いますが、
対象は「ゾンビ」ですのでご容赦下さい。


・腹減った お前の全てを 俺にくれ

・目醒めたら 殺してあげる あなたでも

・貪欲に 肉を追う でも 鈍足なのよね

・心臓が 黄泉がえるほど 恋したい

・腐っても 俺はグルメと 女性追う

・右腕と 左脚がないけど バランスはまぁまぁ

・喫煙者 スモーク効いてる その内臓

・捕食中 胸が高鳴る あれ?動いてねぇや

・ゾンゾンゾン ゾンゾンゾンゾン ゾンゾンゾン

・お互いの 腐れっぷりを 褒め称える


(聖闘士ゾンビ)

・聖闘士を 名乗るゾンビの 小宇宙ヤバい

・長髪の ゾンビが叫ぶ 「廬山昇龍覇!」


(ゾンビ武勇伝)

昔の彼女を 食べちゃった
わお これで死んでも一緒にいられる
武勇伝 武勇伝 ぶゆーでんでんででんでん


こうやって改めて見てみると、
Twitterのテンションはブログ記事としては
ちょっと向かないなぁ、と思いました。気をつけよう。
posted by DM at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビ日誌

2012年03月08日

ウォーキング・デッド2



著 : ロバート・カークマン
訳 : 風間賢二

The Walking Dead 2

さて、グラフィック・ノベルの二巻目です。
(本国の4〜6巻分を収録)

本巻でも、まず特筆すべきなのは装丁でしょう。
ただでさえ目を引くサイズ(B5変形版)に
ゾンビ二体を首輪で引き連れた渋い黒人女性。
しかも右手には刀を持っているときたもんです。
僕は対ゾンビの武器に刃物は反対派なんですが、
なにしろ絵面がワクワクさせてくれるじゃないですか。

じっくり見ると更に面白いのがゾンビの状態ですね。
二体とも両腕と下顎がない。なるほど、安全確保か。
(作中にもちゃんと登場しますよ)

物語は前巻の続き、
刑務所(居住地内)でのいざこざからその顛末。
共に生活する人間同士に巻き起こる問題や犠牲者。
そしてもう一つの居住地と生存者の一団に
出会った事で始まる最悪の展開が描かれています。

新たな主要人物が二人登場。
一人は表紙の女戦士「ミショーン」で、
この巻では主人公よりも派手に活躍していました。
どうやら精神的に"ある問題"も抱えている様ですが。

もう一人は最低のサイコパス野郎「ガバナー(総督)」
まだまだゲスさの度合いが甘いですが、
次巻あたりでは最悪の敵になりそうな予感です。
こいつが何をしでかすか怖い・・・
狂ってる上に権力があるからタチが悪いですね。

本巻で最も強く描かれているのが
主人公の人間的なバランスが壊れていく様子でしょう。
本人も自覚していながら抗う術もなく・・・
人は状況によって価値観や
信じる正義を変えなければならない。
そんな苦悩と恐怖があります。

他の住人達の人間関係も少し危うくなってきました。

ゾンビ達の活躍は前巻に引き続き、
ザックリとしていますが見せ場は大いにあり。
人間同士の下衆な争いがメインになっている中では、
ある意味でホッとさせてくれる要素にすら感じます。
(新キャラの二人がなかなかエグいので)

ざわざわと不安な気持ちになる第二巻ですが、
「崩壊」「拷問」「狂人」「対立」と見応え十分で
作品の核心に触れるセリフも見開きでドーン!
このサイズの見開きは迫力が凄い。

先への前フリがガッツリとなされているので、
次巻が非常に待ち遠しいです。
posted by DM at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゾンビブック